感謝に尽きるこの1年

 平成20年大晦日。 内外を問わず政治・経済、社会問題の顕在化は、我が家のわずかな蓄えまで直撃したが、それはそれとして、私にとってこの1年は“感謝”の一言に尽きる1年であった。具体的に振り返ってみよう。

充実した今日という日に感謝
床につくとき、このまま今日一日が終るのは勿体無いような気持になることが度々。今日という日は二度と来ないから。

健康であることに感謝
健康診断の度に年相応の障害は見つかるけれど、日常の生活に支障があるような病気は今のところない。やりたいことをやれるから。

ボランテイア活動で協力いただいたメンバーの皆さんに感謝
自ら運営に携わっているボランテイア活動が、メンバーの皆さんの協力で、その目的にそった活動ができているから。

心が通う出会に感謝
参加している幾つかのクラブ活動を通じて、心が通う触れ合いの機会が増えたこと。そしてその触れ合いが、私の毎日の活力の源になっているから。

太極拳の練習が出来ることに感謝
練習を始めて3年を過ぎた太極拳。運動の大切さと健康の有難さをを実感させてもらっているから。

60余年ぶりに再会に感謝
戦時中過ごした長崎県長与の大家さんご一家との再会を果たせた。当時の思い出の場所を訪ねることが出来た喜び、それにも増して交流の絆を深めることが出来たから。

家庭菜園を続けられたことに感謝
食の安全性が問われるなか、年間を通じて安全・新鮮野菜を何不自由なく確保できた。その自然の恵みを知人・隣近所の人達にも、おすそ分できたから。

自然とのかかわりを続けられたことに感謝
行ってみたいところの自然探訪も出来た。また、気の置けない人と山歩きもできたから。

私を支えてくれた家族に感謝
家族揃って健康を維持できたこと、そして今を大切に、みんながそれなりに幸せ生活を送っているから。

ただ残念なのは、海釣りに行けなかったことである。
その内チャンスを作ろうと思いながらも、結果的には沖の大物釣りには一度も出かけることが出来なかった。
でも、健康であれば何時でもそのチャンスはある、今度こそはと期待を明日に繋ぐことにしよう。
[PR]
by matutaka31 | 2008-12-30 11:20 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/10112883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2008-12-31 11:56 x
>床につくとき、このまま今日一日が終るのは勿体無いような気持になることが度々

を拝見して、それこそが「70代の青春」なのかもしれないと、独り納得しました。
私などは、いつの間にか今日が終わり、句切れもなく明日になっているような毎日です。
あれはいつのこと? という追われる毎日です。
来年こそは、何かを追う年にしたいものです。(^^)/
Commented by tetsu807-2 at 2008-12-31 15:36
matutakaさん 充実の一年 感謝の一年 生かされていることへの感謝 ほんとに幸せな一年でしたね!
これこそが真の意味でのオメデトウございます。ですね・・

私もおかげさまで、あわや!ひょっとして手術・・・なんて
きわどいところまできてビビリましたが、それも難なく通過して幸せでした。ただ、ボランティアらしきことも全くしていないことが、社会にお返しをしていない責任みたいなことを感じています。
Commented by matutaka31 at 2009-01-01 13:39
よこはまTさん 年の差でしょうね。(^。^)
私も若いときは一日がアッという間に終って、省みる暇がなかったように思います。
最近は、気分的に余裕が出来たのでしょうか、それとも先が短くなったせいでしょうか、生き甲斐を実感する度合いが強くなったように感じるのです。
今年もあまり欲張らず、2度とない今日を、精一杯愉しむことにします。
Commented by matutaka31 at 2009-01-01 13:46
tetsu807-2さん 明けましておめでとうございます。
きわどいところで、セーフ!これも健康のありがたさを、しみじみ感じさせる瞬間でしょう。
元気でいることは、社会に迷惑をかけていないこと、即ち社会に貢献していることに繋がることでしょう。
そう思って、今年も元気で山から山へと渡り歩いて、大いに人生を謳歌してください。


<< 21年の幕開け 私の健康と太極拳 >>