我が家の生ごみ処理法

 我が家では、かって台所で発生する生ごみの処理に電動式生ごみ処理機を使ったが、回転羽根の故障であえなくダウン、次にとダンボールコンポストを使ってみたが、これも長続きしなかった。 長続きしなかった理由を言えば、努力が足りないと批判されるだけだから言わないことにしょう。

 生ごみの再利用については、もうかれこれ10年間、あれこれやってみた結果、どうやら我が家で長続きできる生ごみ処理法にたどり着いたようだ。
 その方法とは、最も原始的で一切費用がかからない、しかもごく自然に振舞える方法、つまり庭に穴を掘って埋め込むだけである。

 台所で発生する生ごみにビニールなど腐敗しないものだけは除いておくだけで、あとは一切前処理はいらない。ビニール袋一杯に溜まったら、私がスコップで穴を掘って埋め込むだけである。
b0008825_10175358.jpg

 この方法だと、台所に生ごみが溜まった都度毎日でも処分できるので、市のごみ収集日まで家庭内に生ごみを2~3日置いておく不便さから開放される。

 土に埋めた生ごみは、自然に腐敗して土壌改良に役立ち、庭木や花の肥料になる。我が家では庭にみかんを植えているが、魚の内臓や骨粉が混じるので、味しいみかんを収穫できる。
このように、お陰で一石三鳥の効果を生んでいる。

 戸建て住宅では、大なり小なり庭ががあるだろう。直径20cm位の穴を、順序良く掘って生ごみを埋め込む。そして、穴を掘る場所がなくなる頃には、最初に埋めた場所へ戻って繰り返す。この方法だと、地域全体ではかなりの生ごみ再利用に繋がると思うのだが、・・・。
[PR]
by matutaka31 | 2009-02-01 10:48 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/10282422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 畑島@西区 at 2009-02-01 15:18 x
こんにちは~
何時も拝見しています。
生ゴミの件、我が家も同様にやってみたのですが
野良猫にほじくられ
敢なく却下してしまいました。
対策ありませんか
Commented by matutaka31 at 2009-02-02 22:16
畑島さん 今晩は。
拙いブロッグを見ていただいて、有難うございます。

確かに野良猫にほじくり回されますね。特に魚の残渣が混じったときなど。そのため私は、スコップで穴に投入した生ごみを切るようにした後、土を被せます。

それでもしぶとい猫は掘り返すことがありますので、軽めのブロックを1枚用意しておいて、被せた土の上に置くことにしています。
ブロックが間に合わないときは、スコップをその穴の上にかぶせておきます。時には大きめの素焼きの鉢を使うときもあります。

要は猫が動かせないくらいの重量のあるものを置くだけで十分です。
この方法で、流石の猫も手が出せないようです。
Commented by 深澤 at 2009-03-16 17:12 x
私も土に埋める方法を 冬だけしていますが 直接はいれません ダイクス で 処理用専門のポットに ぼかしという 菌かいったヌカ を買い
野菜くずや だしがらの昆布など をいれ ぼかしを振りかけざっとまぜ
そのうえに空気遮断のビニール(スーパーの袋)をかぶせ くりかえしながら いっぱいになれば そのまま1週間放置 それを・・・穴にいれて土をかぶせる 漬物みたいにすっぱくなっているせいか 猫が ほじくることはありません。 3か所位場所きめていますが その古いものを 野菜やバラの 根本にどさっとおきます。
Commented by プラダ バッグ at 2013-07-07 18:19 x
今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^


<< 転倒の怖さを目のあたりにして 久しぶりの山登り >>