パソコンに追われた一日

 毎週1回参加しているパソコンクラブに最近新人が4名加わったので、「eメールの基礎」を、今までのおさらいの意味も含めて、先週から取り上げている。
 今週のテーマは、アドレス帳の作り方である。

 昨日はその資料つくりに追われた。
 市販の資料をコピーすれば済むことかも知れないが、それでは心が通った勉強会にはならないので、一つでも二つでも、自分がパソコンを始めたとき疑問に思ったことや立ち往生して困ったことを思い出しながら、出来るだけ自分の体験を基にした内容にしようと欲張るものだから、どうしても時間がかかってしまう。

 口で説明するのは簡単だが、いざ資料に書き留めるとなると大変である。日常操作するときは、操作を間違えれば別の方法でやり直せば済むことでも、資料にするとそんないい加減な知識では通用しない。
 パソコンの画面図を挿入しながら書いた操作の手順を、実際にパソコンで操作して確かめては書き直す。そしてまた、その他に方法はないか別の資料で確かめる。これの繰り返しである。
 そんな操作を繰り返しながら資料を作っていると、自分の知識の曖昧加減が良くわかる。誰かが言った「教えることは学ぶことなり」の意味の重さを痛感させられる瞬間である。そして、ボランテイアでパソコンの指導をされている多くの方々の気持や苦労が良くわかる一時でもある。

 そんな悪戦苦闘の最中に、隣町の知人からパソコン操作のSOSが入る。資料作成を中断してチャリンコでサイクリングを兼ねて出かける。
 比較的簡単なトラブルだったので談笑のうちに解決。帰宅後、運動を兼ねて園芸作業をした後、また資料作成に取り掛かり、やっとA4版 5枚の資料が出来上がった。
 忙しい思いをしながらも、満たされた気持になれた一日であった。
[PR]
by matutaka31 | 2009-02-06 12:09 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/10308920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 居酒屋風の店で飲む酒 転倒の怖さを目のあたりにして >>