じゃが芋を植えた

 何時までも天候が回復せず、雨が止んでもせいぜい1~2日で、菜園の作業が滞って困ってしまう。そんな焦りにも似た気持をよそに、我が意を得たりと元気良く伸びているのは雑草だけである。
 気になっていたじゃが芋を26日、少々無理を承知で、比較的土壌が乾燥している場所を選んで3kgだけ植えた。いつもは2月中旬に済ますのだが、今年はなかなか天候が回復せず、もう間もなく3月になるのでとりあえず半分だけ植え、残りは天候の回復を待つしかない。

 隣の菜園仲間の人から、“雨が多い時はいつもより浅めに植えると腐らなくていい、という農家の言い伝えがある”と言う話を聞いたので、今年はその先人の知恵をいただいて、いつもより浅めの5cm位の深さに植えた。肥料は、燐酸・加里が多い有機配合肥料を、種芋と種芋の間に、夫々約40g程度を施した。
b0008825_2219157.jpg
b0008825_22193185.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2009-02-27 22:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/10417758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 早春の筑豊路を歩く 郵便受 >>