さつま芋の種芋を伏せる

 私は、家庭菜園をはじめてから毎年さつま芋を植えることにしている。今年も彼岸入りの17日、5品種28個のさつま芋の種芋を伏せた。
 品種は、紅東、鳴門金時、にんじん芋、紫芋、安納芋(黄金)である。このうち安納芋(黄金)は昨年種子島より取り寄せたものだが、固体が小さく収穫量が少ないのが難点である。でも味はいいので、今年は栽培方法を変えて収穫量を増やすことを考えている。

 さつま芋の苗は、5月~6月にかけて大量に出回る市販品を買えばいいのだが、1本30~35円もするので馬鹿にならない。毎年150本くらい植えるので、苗代が5千円位になってしまう。
 自分で苗を作れば、種芋は昨年自分で収穫したものだから、ただ同然である。市販の苗を待っていると、自分の好みの品種の苗が手に入らないことがある。とりわけにんじん芋、紫芋、安納芋(黄金)は思うように入手できない。だからさつま芋の苗は、全て自賄いである。

 何故そんなに5品種も植えるのか?
 それには理由がある。いずれの品種も食べてみて美味しいからだけれど、美味しさにも夫々特長があってその美味しさを食べ比べる贅沢を味わうのが楽しいから。 とりわけにんじん芋、紫芋、安納芋(黄金)は、収穫の後寒さに合うと、焼き芋の美味しさが一段と増し、本当に美味しくなる。

 今年は種芋を伏せるとき、保温効果を赤めるためモミガラ燻炭を土の上に覆いかぶせ、その上にビニールシートをかぶせているので、多少芽が出る時期が早まるのを期待している。
b0008825_21421819.jpg

 
[PR]
by matutaka31 | 2009-03-20 21:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/10551198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 桜 辺塚ラんの株分け >>