昨夜テレビで、桜前線が東北に到達したと報じていた。
福岡の桜は、例年より10日も早く、3月20日頃にはほぼ満開になっていた。その後寒波が訪れたため、花が咲いている期間がいつもの年より長く、4月初めまで方々で桜の花が見られたのは幸いであった。
 私もお陰様で、3月21日は舞鶴公園、3月29日は瑞梅寺川、そして30日には油山と思う存分花見を楽しむことが出来た。

 舞鶴公園は、街中の公園だけに花見客でごった返して、とてもゆっくり桜の花を見て回る雰囲気ではないので、ただ花を見るだけで早々に退散した。

 瑞梅寺川辺の桜並木は、静かな清流の両端に咲く桜が水面に映し出され、土手の青草と調和した隠れた桜の名所である。
 華やかな桜のと対照的に、土手には名前のわからない可憐花が咲いていて、散策する人の心を和ませてくれる。
 訪れる人も少なく、静かな雰囲気を好む人たちにとっては、のんびり過ごすことがが出来るお勧めのスポットである。

 圧巻は油山の桜である。
 訪れたときは満開をやや過ぎた感があったが、都会の雑踏から離れた自然公園の中腹一帯に広がる桜は、周りの木々の緑と調和した一大桜絵巻である。

 中腹の桜の木の下で花見の宴を開く。
 穏やかな木漏れ日の中で、清々しい空気がみなぎり、のどかな時が過ぎてゆく。
 時折、そよ風に桜の花びらがハラハラとコップの中に舞い降りてくる。
 近くの木ではメジロの大群が合唱する。
 そして少し離れたところで、時折ヒヨドリのさえずりが聞こえてくる。
 見上げると真っ青に晴れ上がった空に白い飛行機雲が一本スーツと伸びていく。
 大自然に抱かれたような心地で 心が弾めば、自ずと会話も弾む。

 訪れる人も少なく、自分達だけの至福の世界に浸っていると、時を刻むのを忘れさせてくれる、油山自然公園の桜である。

 桜のスライドショウをご笑覧ください。
[PR]
by matutaka31 | 2009-04-11 11:22 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/10699490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2009-04-11 22:41 x
しばらく更新されませんでしたので、きょうは ほっとしました。
私も、月初めに福岡の桜を 思いかけず楽しませてもらいました。-こんなに長く咲いていたとは驚き。
横浜に戻りましたら、ずいぶん待たされた満開を迎え2度目の桜。しかしこちらは「思いのたけを存分に咲かせた」桜は、「思いっきり気前良く」散りました。
満開とともに散る、すばらしい景気の良い桜吹雪でしたよ
Commented by matutaka31 at 2009-04-12 10:33
よこはまTさん ご無沙汰しました。
 3月下旬に、身近な大切な人を相次いで送ることになり、文字通り他事多端な日々を過ごしました。
お二人は、志半ばにして、満開の花が散るが如く、アッと言う間に潔くこの世を去っていきました。言いようのない悲しい出来事でした。
 
 一足早く初夏の訪れを思わせるような天気が続いていますが、この自然のパワーをもらって、いつもの生活に戻っています。
 ブログもまた復活しますので、いつもの味のあるコメントをお待ちします。、


<< 大先輩の旅立ちを悼む さつま芋の種芋を伏せる >>