恵みの雨

 今日午後、待望の雨が降った。しかもかなりまとまった雨が。
 多くの人にとっては歓迎されない雨だったもしれないが、私にとっては正に慈雨であり、何よりも嬉しいプレゼントをいただいた気分である。

 今日、パソコンの講座に出かけたが、その中に雨が降り出したのに気がつき、にっこりしていた人がいた。それもそのはず、その方もやはり家庭菜園愛好家だから。
 講座中でなければ、お互い“良かったー”と、ハイタッチをしたい気分。(^。^)

 当地では、5月になって雨が降ったのは今日で3回目。前の2回はほんのお湿り程度だったので、菜園はもうカラカラに乾ききっている。
 菜園では今、夏野菜の生育真っ最中であるが、外見上はどう見ても毎日潅水が必要な状態になっている。
 でも、下手に潅水をすると、ずっと続けて潅水しないと、かえって生育が悪くなってしまうので、私はぐっと我慢してギリギリまで潅水はしないことにしている。

 乾燥がひどいとき水をやると、その水は土壌の表面を潤すが、少々の潅水では植物の大切な深い根の部分までなかなか行きわたらない。
 潅水した後、植物は一見元気を取り戻したかのように見えるが、それは土壌表面に近い根が水分を吸収しただけで、これを続けると、水分を吸収できる表層の根が勢いづくだけで、ひ弱な苗になってしまう。
 そのような状態で育った植物は、一旦潅水をやめ土壌表面が乾燥した時には、大きなダメージを受けてしまうのである。
 このことは、専業農家では経験上わかり切ったことだけど、素人にはなかなかわかりにくいことかも知れない。

 植物だけでなく、何事においても、日頃しっかり根を下ろしておかないと、いざと言うとき脆さが一気に表面化してしまうのと同じことである。

 ここに掲載している写真は、カラカラに乾燥している我が菜園の昨日までの状態である。
 今日の恵みの雨で、全ての野菜が一気に生気を取り戻すに違いない。
 明日、菜園に行くのが楽しみである。
b0008825_22283328.jpgb0008825_22285110.jpg

b0008825_22293637.jpgb0008825_22295758.jpg

b0008825_2230452.jpgb0008825_22319100.jpg
 







何時もはとっくに取り外している覆いを、乾燥防止の役割を果たすので、未だに取り除くことが出来ない。
[PR]
by matutaka31 | 2009-05-21 22:46 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11032653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2009-05-23 15:34 x
>下手に潅水をすると、ずっと続けて潅水しないと、かえって生育が悪くなってしまうので、私はぐっと我慢してギリギリまで潅水はしないことにしている

これは、私も子育て中の身、教訓にさせていただきますね。

母親は何かしてやりたい生きものゆえ、機知とユーモアのセンスが「人間関係の維持」と同様「人として育てる」ということには、大いにかかわっていると痛感です。

  お母さんなりには頑張るけど、すまないねぇ...という心境。

恵みの雨の存在に感謝しつつ、人の世に生きています。
Commented by ヒロピー at 2009-05-25 22:38 x
水の吸収のメカニズムが判りました。目からうろこ。いい講義を受けた感じ。上辺だけ やってそれで満足していたんですね。そうしないと枯れてしまうと思っていました。あまり手だしは無用ということでしょうか。なるべく自然にそのためには 根がしっかりしてないといけないので。水持ちのよい土にするには 鹿沼?赤玉?黒土?やはりいじりたくなります。あまやかしてしまった?これからでも間にあいますか?
あちこち合わせて一坪菜園それとプランターで楽しんでいます。
Commented by matutaka31 at 2009-05-26 10:39
よこはまTさん
 子育ては難しいですね。
植物を育てるのと共通するところがありますが、決定的な違いは植物は毎年やり直しがきくけど、子育てはそれが出来ない一発勝負。
お腹がすいたと言えば、おやつをあげたくなるし、小遣いが欲しいといえば、あげないと可哀想と思ってしまう。
難しいですね。でも、これが人の人たる所以、人の世の常と言うものでしょうね。
Commented by matutaka31 at 2009-05-26 11:00
 ヒロピーさん 
今、夏野菜の栽培にとって絶好の季節ですね。
今から種を蒔いても、苗を買ってきて植えても、間違いなく立派な野菜ができますよ。
 早期栽培のものがなくなるころ、収穫できるうまみもありますので、楽しいですよ。
 私はズッキーニの種を2日前に蒔きました(最初のはむう実がついています)し、ミニトマトの苗も本場が出始めたころです。
この後、キュウリを蒔く予定です。

水持ちを良くするために鹿沼・赤玉・黒土、何れも高価で勿体無いですね。(^。^)
それより牛糞堆肥などを沢山お使いになったほうが、いいと思いますけど、・・・。

Commented by ヒロピー at 2009-05-26 20:27 x
ズツキー二は食べたことありませんが キューリみたいですか
雨後の変化では この野菜が1番はっきりした感じでした。
昨年 キューりとなすの苗 を園芸店で買いましたが 完全に失敗
今年はやめましたが マツタカさんがそういわれるならちょっと
心がわり。。。又植えてみましょうか。
ダイクス の定額給付金2割引セールで 上記の土を買いました。
良い土なんでしよう すごく重かったです。
いずれもプランター栽培になりますが、これらの土をまぜこんで
牛糞堆肥(バラ用の残りがあります)入れやってみましょう、
日曜日が楽しみです。
Commented by matutaka31 at 2009-05-26 22:46
ズッキーニは最近、スーパーでも見かけるようになりましたよ。
カボチャの仲間ですが、キュウリと違って、あっさりした味はサラダ向きです。
歯切れのよさと冷涼感があり、これからの夏野菜です。

映像だけでは消化不良になりそうですから、頃合を見て、旬の味を直接お届けしましょうかね。(^。^)

プランターでナスの栽培は、かなり難しいですよ。肥料はトマトやきゅうりに比べ倍以上必要になります。プランターでナスの収穫が出来たら、プロの腕前?間違いなしですよ。挑戦してみますか?


<< 水を得た野菜達 太極拳審査 >>