水を得た野菜達

 “私の足音が肥料になる”と毎日の観察が大事なことを書いた、家庭菜園愛好家の随筆を読んだ記憶がある。成長盛りの野菜達は、日に日にその姿を変えていく。その成長の過程で当然の如く異変が起きる。
 その異変に早く気がつき適切な管理をすれば順調に育つのだが、その異変を見落とすと取り返しのつかないことになってしまう。
 夏野菜は、今その最も大切な時期を迎えているから、毎日菜園に出向くのが日課になっている。

 先週の恵みの雨のお陰で、我が菜園の野菜たちは、地下で必死に耐えていた根に水分がいきわたり、生気を取り戻したように日に日にその姿を変えていく。物凄い成長力である。
 植物の成長に水が如何に大切なものか、理屈抜きに実感できる。

スイートコーン、見る見る葉の色が変わり、背が伸びるのが見えるようだ。
b0008825_1084289.jpg

スイカの蔓もアッと言う間に畝幅一杯に延びてきた。
b0008825_109241.jpg

ズッキーニにも花がついた。このズッキーニの美の成長は驚くほど早い。後1週間もすると初物が食べられそうだ。
b0008825_1010372.jpg

ナスも花を付け始めた。「なすの花にはあだ花が無い」といわれる。しっかりした花がついたので、実がなるのも時間の問題。
b0008825_10104560.jpg

大型トマトもミニトマトも花ついてきた。赤・黄色と色とりどりのトマトがぶら下がるのをイメージしながら手入れをするのも楽しい。
b0008825_10121133.jpgb0008825_10123637.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2009-05-26 10:28 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11076184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 春の小川 恵みの雨 >>