ドクダミの花

 梅雨時期に良く似合う純白のどくだみの花。
 「ドクダミ」という名前に隠れて、本当の姿は余り知れれていないのではなかろうか。
 ドクダミは特有の臭気があり、一般にはあまり好まれない植物であるが、十薬(じゅうやく、重薬とも書く)という生薬名で、日本薬局方にも収録されていて、その煎液には利尿作用、動脈硬化の予防作用などがあるという。漢方では解毒剤として用いられている。

 この写真は「五色ドクダミ」である。 b0008825_21251360.jpg b0008825_21442395.jpg
 ドクダミの園芸品種で,ホットニアとかゴシキドクダミ(五色ドクダミ)とか呼ばれるもの。斑入りドクダミがヨーロッパに渡り,「カメレオン」という品種名で普及し,それをオランダから再導入したものだそうだ。

 ドクダミの花には、名前に似つかわしくない純白の総苞が開くが、時に八重になることもある。
b0008825_221899.jpg

 折りしも今日、毒消し役を果たそうとした大臣が、重苦しい得体の知れない勢力にあえなく踏みにじられてしまった。今の首相に、「義を見てせざるは勇なきなり」と言ってやりたい!
 梅雨が上がって明るい日が射すようになれば、純白の花は消えても、本来の毒消効果が活かされる時代になることを願って止まない。
[PR]
by matutaka31 | 2009-06-11 21:30 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11235387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sqkyy762 at 2009-06-13 08:46
お早うございます!
ドクダミの斑入りのを見たことが有りますが、
園芸用に改良されてるとは・・・
名前と臭いからは想像も出来ないぐらい、清楚な花ですよね。
脱臭剤のかわりに冷蔵庫に入れても、効果有りだそうですよ。

この前はお休みでしたね。相変わらず賑やかでしたよ~(*^_^*)
Commented by matutaka31 at 2009-06-14 10:43
sqkyy762さんこんにちは
 特有の匂いと「毒だみ」という名前を聞いただけで毛嫌いされがちですが、この根の繁殖力と言うか成長力はすごいものがありますね。
 薬効の他に可憐な花を咲かせるのに、損な植物ですね。こんな花を日陰の花とでも言うんでしょうかね。(^。^)
Commented by ヒロピー at 2009-06-16 20:30 x
わたしは なぜか どくだみの香りが好きです。いやされるんです。
Commented by matutaka31 at 2009-06-16 21:39
 十人十色ですね。
でも、五感で癒されるものが身近にあるということは、いいことですね。
もしかしたら、ミョウガ・ニンニク・ニラの類も好きでは?


<< 福澤諭吉 展 「ズッキーニ」って何? >>