郵便番号辞書の更新

 先週、私達の週1回のパソコン勉強会で、「郵便番号で住所変換すると古い住所が出るので、何とかならないか」という話題が出された。

 今、市町村合併が進んで住所表示がどんどん変わっているので、郵便番号辞書を更新していないと、エクセルで住所録を作る場合、郵便番号を変換して住所を表示させると、何時までも合併前の古い住所になる。
 パソコンの郵便番号辞書は都度自動更新されているものと思い込んでいたが、良く調べてみると、それはとんでもない認識違いであることが判った。

 IMEの郵便番号辞書を最新の情報に置き換えるためには、マイクロソフトが公開している郵便番号の更新プログラムをダウンロードしてインストールしなければならないのだが、その場合、使用パソコンのエクセルのバージョンに合った更新プログラムを選択しないといけないことがわかった。
 例えばオフィス2003の場合、2003に見合う更新プログラムをダウンロードしてインストールしなければならない、と言うわけだ。
Microsoft IME 2003 郵便番号辞書更新 2008 年 11 月版

パソコンは、この郵便番号辞書に限らず、常に新しい情報に更新しておかないといけないことを思い知らされた一事例である。
[PR]
by matutaka31 | 2009-07-22 10:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11563310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2009-07-23 10:30 x
「常に新しい情報に更新を」・・・ほんとにそうですね!

医療制度について、金融について、法律の改正について、家族の動向について・・・
そして、世の中の流れ、つまり 人の気持ちの変化がどんな影響を及ぼすか!
パソコンのような人工知能にとどまらず、リアルな頭脳=自分の頭の更新のほうが私には切実です(T_T) 
なんとか世の流れに乗っていこう(^^)/
Commented by matutaka31 at 2009-07-24 10:22
インターネット上にあるサイトにも、ずいぶん古いもの、誤った情報等々、そのまま受け入れては判断ミスするものもありますね。

「自分の頭の更新」と言われると、これが何より一番大切な、そして切実なことですね。
日頃のお付き合い、そして選り好みをしないで情報をキャッチする。それで何とか衰退する脳を活性化する・・・、こんな毎日です。


<< もう一花咲かせよう 丹波の黒大豆 >>