暑気払い

 先日、パソコンクラブの暑気払いを行った。
 食い放題・飲み放題の2時間は、あれこれ話に花が咲いているうち、アッと言う間に終ってしまった。
 週1回顔を合わせている仲間だが、やはり「暑気払い」となると、その雰囲気は一味違う。

 ところで、そもそも「暑気払い」とは何だろう。
 広辞苑を繙いてみると「暑さを払いのけるために、何らかの方法を講ずること」とある。と言うことは、良く冷えたビールやお酒を飲んで、美味しい物を食べて、親睦を深め合うのも暑気払いの一つに違いない。
 だとすれば、「寒気払い」と言うものがあっても良さそうなものだが、そんなことは聞いたことがない。

 ちょっと気になったので、話のタネに、インターネットで検索してみた。
 やはり、あった。!

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より引用
 
暑気払い(しょきばらい)とは、夏に薬や酒を飲んで体に溜まった熱気を取り除こうとすること。
「暑さをうち払う」という意味である。
現代においてはすぐに冷えた清涼飲料水やビールなどが思い浮かばれるが、漢方などの考え方に基づき、
「体を冷やす効果の有るもの」を摂るものであり、冷たいものとは限らない。むしろ薬湯のようなものが飲まれていた。江戸の川柳に「枇杷と桃 葉ばかりながら 暑気払い」というものが残っている。

 ま~時節柄、ていよく「暑気払い」と言うことに便乗して、「ノミニケーション」をやったということ。
 難しいことは抜きにして、何かのきっかけを捉えて、大いに青春の気分を味わうのも長生き?の秘訣だろう。\(^o^)/
b0008825_22392086.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2009-08-01 22:43 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11639642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tetsu807-2 at 2009-08-02 12:00
相変わらず、何かに理由をつけてノミニケーションをやっていますね。飲み仲間あり、PC仲間あり、太極拳仲間あり、
その間に菜園の手入れと忙しく、病魔が入る余地がないのも当然ですね。

私はお酒は美味しくいただくものの量が飲めない。やはりある程度飲めたほうが楽しさが倍増するように思うけど、
体質なので仕方がないし・・・と、思うこのごろです。

ところで、皆さん健康的ないい顔していますね。
Commented by matutaka31 at 2009-08-02 22:27
tetsuさん お久しぶりです。
何時もはお山の大将、今、下界で静養中?それとも、また・・・?

>ところで、皆さん健康的ないい顔していますね。
そうですか。有難うございます。
何かに打ち込んでいると、心だけでなく体も元気になるんでしょうかね。
「百薬の長」とは、よく言ってくれましたね。

ところで、今度の選挙マニュフェストに、酒税をただにするという政党はなかったですかね?


<< 納骨それとも散骨? 浅漬け瓜 >>