納骨それとも散骨?

太極拳練習後のランチでの話題。

仏壇を新しく作るのも大変なこと・・・がきっかけで、ついに散骨の話題に発展。

話は変わって

「私は仏壇なんか要らないから、位牌だけ作ってくれればいい」

「私は、もうお寺さんに納骨することなんか要らない。散骨でいいと思ってるよ」

「ある人がテレビで、『私は海が好きだから、あの綺麗な海に散骨して欲しい』と言ってたよ」

「海に散骨すると、魚の餌になるから嫌だね」

「ところが、生前散々魚を食べたから、その恩返しに魚のためになってあげてもいいと!」

「それもそうだが、その散骨を食べた魚を廻り回って食べることになることを考えると嫌だね」 (自分が食べるわけじゃないんだけどネ (~_~))

「じゃ~空中に散骨はどうだね。千の風になって、あちこち飛び回る・・・てなのは?」

「それでは、あちこち飛び回って何処へ行くかわからない。落ち着かないよ(^。^)」

「それに、周りの人が迷惑だよね」 

「それじゃヘリコプターで高いところから散骨すればいいじゃない?」

「それでも、空気が汚れるよ」

「とにかく、核家族化がどんどん進んで、そのうち親の遺骨なんか面倒見れない、なんて時代になるよ」

さぁ~どうしよう!

こんな話が盛り上がるのも、現代の核家族時代を生きる、元気なシニアならではの会話かも。
[PR]
by matutaka31 | 2009-08-03 21:41 | 思いのまま | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11653331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from パパハポンのルソン島サバ.. at 2009-08-10 08:02
タイトル : 坊主の常識世間の非常識
日曜日の昼過ぎ横目で見ていたテレビ(FBSたかじんのそこまで言って委員会) に変な和尚が出てきて葬式費用の内幕を披露しスタジオを沸かせていました。 我が家の二人も歳が歳だけに葬式やお墓の話題には遂々引き込まれますが、 辛口タレントの質問がサワリに触れると坊主の常識世間の非常識を読めば 解ると自分の書いた本を売り込む抜け目のなさに笑っちゃいましたが、、、、 いつの間にか「この本は読んでみたいな~」という気になっている自分に 気がついて(*o*)\(^-^;;ばき!(*o*)\(^-^;;ばき...... more
Commented by papahapon at 2009-08-10 08:20
FBSたかじんのそこまで言って委員会ですね(^o^)
うちのお墓は有田にありますが息子が
「こんな遠くまで墓参りはいやだ」
というし、オカンは
「あそこに入りたくない」
と言って油山に墓地を買いました。
日本のお墓は高いですね(><;)
私は少々遠くても先祖の生地に年一回墓参りするのは
それなりに良い習慣ではないかと思っております。
Commented by matutaka31 at 2009-08-10 14:17
papahaponさん、我が家でも、落ち着き先がまだ決まっていないんですよ。(^。^)
あ~だ、こ~だと夫婦で話しているうちに、いきなり本番になったりすると残った方が困りますので、早く決着をつけておかなくては、と思うのですが、どうもこんな話は苦手ですね。
自分のことだけど、なかなかその気になれなくて、・・・。(~_~)


<< クルクマが咲いた 暑気払い >>