被爆稲

 今日8月6日、広島市は、世界で始めて原爆が投下されて64回目の原爆の日を迎えた。そして9日には、長崎市が同じく64回目の原爆の日を迎える。
 NHKテレビでは、「原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」の様子を映し出していた。ところが8時35分、式の途中で放映を打ち切り、朝ドラに切り替えてしまった。
 世界で唯一の被爆国日本が、世界に向けて核兵器廃絶の先頭に立つべきなのに、しかも被爆体験を風化させてはならない大切な時期なのに、国家的行事の放映を途中で打ち切るとは、NHKの原爆に対する認識を疑いたくなる場面であった。

 我が家では、長崎で被爆した稲が64回目の夏を迎えて、健気に育っている。
b0008825_23102897.jpg

 私は、8月9日長崎の記念式典に参加する。そして、気がかりになっている3~4箇所を訪ねることにしている。
[PR]
by matutaka31 | 2009-08-06 23:11 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11674222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヒロピー at 2009-08-08 20:35 x
明日は 長崎ですね。暑くなりそうです。お気をつけていってらっしゃい。
絶望より 立ち上がられ 体力 頭脳 駆使して これまでを 生きてこられた マツタカさん 今の幸せに感謝しつつ。静かに犠牲となられた方に
黙とう。
Commented by matutaka31 at 2009-08-10 14:10
ヒロピーさん 行ってきました、長崎へ。
 64年前の8月9日を再現したような暑い日差しの中で、改めて原爆の惨状を目の辺りにしてきました。

 焼け爛れた子供の写真を見ると、3千度の熱線に体を焼かれ“さぞ辛い思いをしながらこの世を去っていったことだろう”と思うと、やりきれない思いがこみ上げてきました。

 行くたびに、この体験は風化させてはいけない!語り継がねばならない、との思いが一層募ってきます。


<< 被爆64周年長崎原爆犠牲者慰霊... クルクマが咲いた >>