長崎 山王神社の大楠

 原爆で丸こげになった山王神社の2本の大楠が、不死鳥のように生き返り、立派に生い茂っている生命力の強さをこの目に焼き付けておきたくて、再度山王神社を訪ねた。

被爆直後の丸こげになった大楠
b0008825_1432312.jpg

現在の大楠
b0008825_14333232.jpg

社側から見た現在の大楠
b0008825_14345124.jpg

案内板より
「この2本の大楠も爆風により幹には大きなき裂を生じ、枝葉が吹き飛ばされ丸裸となった。また、熱線により木肌を焼かれ、一時は枯死寸前を思わせたが、その後樹勢を盛り返し、・・・」

[PR]
by matutaka31 | 2009-08-14 14:39 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11724860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 長崎 山王神社の一本柱鳥居 被爆64周年長崎原爆犠牲者慰霊... >>