きついけど遣り甲斐のあるボランテイア活動

 日頃、町内にある自然共生型ため池「ひょうたん池」の花壇管理をお手伝いしているが、地域住民の憩いの場として相応しい環境を維持するには、今まで予測しなかった数々の問題にしばしば直面し解決に苦慮することがある。

 例えば水草の繁茂による水質悪化、ブラックバスの繁殖による在来生物の絶滅危惧、栴檀の小枝の伸び過ぎによる花壇の日照不足等々である。何れの問題も私達ボランテイア組織だけでは対処できる問題ではなく、地元町内会、福岡市当局等関係各所の協力が必要不可欠である。

 先週金曜日、その解決策の一環として、福岡市当局の協力を頂いて、水草除去と栴檀の小枝切り落とし作業を行った。
 お陰様で、水草も大分除去できたし、栴檀の小枝を落としていただいたお陰でその下の紫陽花や藤の採光が改善され、日常の管理を受け持つ我々にとっては大変助かった。

 私達も、市当局に委ねるだけでなく、積極的に協力して双方が協同し合うことによって、より良い環境が創造出来ることを経験したので、今後の活動のあり方に活かしたいものである。

当日の栴檀小枝切り落とし作業
b0008825_10145090.jpgb0008825_10151455.jpg

 会員の皆さんは、通常の活動は1時間~1時間半で終るところ、3時間に及ぶ慣れない作業でさぞお疲れになったことと思われるが、参加された皆さんが明るく協力していただいたことに心から敬意と謝意を表したい。

 作業終了後、会員の方からオハギや果物、冷たい飲み物など差し入れを頂いたものをほおばりながら、今後の進め方を色々話合ったが、明るく楽しい話し合いができてよかった。
[PR]
by matutaka31 | 2009-09-06 10:21 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11876320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 土曜日午後3時の天神交差点 整形外科医は「治らない」という... >>