被爆稲の穂が出た

 64年目を迎えた被爆稲の穂がやっとでた。出たての穂には、小さな白い花が付いている。
去年まで鉢植えの被爆稲を庭に置いて育ててきたが、今年は、少しでも日当たりの良い方がいいのではないかと思って、2階のベランダに場所を変えてみた。
 ところが、意に反して育ちが良くない。一鉢は今まで通り庭に置いているのだが、それに比べ背丈が伸びないし、勢いも良くない。
 日当たりも風通しもいいので稲にとって好ましい環境だと思ったが、人間がそう感じるだけで、稲にとっては決して好ましい環境ではなかったようだ。その微妙な環境の変化が作物にとっては死活問題になるようで、農業技術の難しさを改めて思い知らされた。
b0008825_1074824.jpg

 ともあれ、今年も何とか来年に向けて作り継ぐことが出来そうだ。
[PR]
by matutaka31 | 2009-09-08 10:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11890534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2009-09-08 22:44 x
>今年も何とか来年に向けて作り継ぐことが出来そうだ
未来への希望、よかったですね。
生き物は、その生きている姿でずいぶん励まし、力をくれるものですね。

祖父から、『新しい土地で無事に過ごせますように』と祖父宅の庭の南天を分けて、引っ越し時に渡されました。
庭のない身ゆえ、どうしようと困ってマンションの敷地の植え込みに紛れて植えさせてもらったのです。
今では、その南天が他の植物を従えて一番の成長木です!
祖父の思いに守られて暮らしている・・感謝です(^^)
Commented by ヒロピー at 2009-09-09 20:07 x

2階のベランダでの 照り返しが つよかったのでしょうか?鉢も土の上でレンガおいて そのうえに置かれると どうでしょう?
次は すずめ に注意ですね。
Commented by matutaka31 at 2009-09-09 21:55
 よこはまTさん 何とか絶やさなようにしなくてはなりませんので、ホッとしています。
 南天は、ご存知のとおり「難を転じて福となす」縁起木ですよね。貴方が植えた南天がマンションの一番の成長木とは、縁起のいい話ですね。
 おじいさんに護られて、きっといいことがあると思いますよ。
Commented by matutaka31 at 2009-09-09 22:04
 ヒロピーさん 目に留めていただき、有難うございます。
 おっしゃるとおり、多分照り返しが強すぎたのだと思います。予期しないことでした。
 植物の成長と呼吸を合わせるのは、思いのほか難しいですね。でも、それを読みきらないと、上手く成長してくれませんね。

>次は すずめ に注意ですね。
そうなんです。そろそろスズメよけの網を用意しなくちゃ!
なかなか息が抜けません。(^。^)


<< 田園喫茶 土曜日午後3時の天神交差点 >>