現の証拠

 タイトルの「現の証拠」を見て、“あ~ゲンノショウコか”と即座に思いつく人は、今では少ないのではないだろうか。
 私は先日ある方のブログにこの「現の証拠」の絵があるのを見て、その話題にちょっと触れてみたくなった。 実は我が家にも今この花が、庭の片隅で可憐な花を咲かせているのだ。
 昨年の春土筆採りに行ったとき、家内がこの花が好きだと言って田圃の畦道に生えていた現の証拠の苗を数本持ち帰り、庭の片隅に植えていたのが今では50cm四方に広がっている。
b0008825_1183219.jpg

 この「現の証拠」、別名、ミコシグサ(御輿草)、イシャイラズ、イシャナカセともいわれる通り、古くから下痢止めの有名な薬草として知られている。
 飲めばすぐに薬効が現れるところから、この名前が付いたらしい。医者不要とか医者泣かせとも呼ばれたのもなんとなくうなずける。
 私も子供の頃、家の軒先にこの現の証拠を吊るしてあったのを覚えているが、それを煎じて飲んだ記憶はない。

 花は、淡い紅紫色を帯びてはいるものとばかり思っていたが、、聞くところによると東日本は白色のものが多いらしい。
 我が家の庭に咲いているものの中に、ひっそり白い花が咲いているのを見つけ、西日本にもこの白い花があることを始めて知った。
b0008825_1137099.jpg
画面下の方に白い花がひっそり咲いている

[PR]
by matutaka31 | 2009-09-21 11:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/11975919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヒロピー at 2009-09-24 22:05 x
私は 虚弱体質で すぐおなかをこわすんです。ところが 病院にも
いきません。正露丸や 赤玉 のくすりで治しています。下痢止めとして、
こんなに きれいな青色の元の証拠?をプランターに植えたいです。
1株おとりおいてくださいませんか。
Commented by matutaka31 at 2009-09-25 23:04
年配の方にお聞きになったら、多くの方がこの「現の証拠」のお世話になっていると思いますよ。
1株では頼りないので、10株くらいお届けしましょうかね。ヒロピーさんの「ちょこっと園芸」に彩を添えてくれると思います。


<< 水が滴るみかん 秋茄子 >>