エネルギー溢れる八朔

 このみかん(八朔)は、久しぶりの陽射しを一杯受け、はちきれんばかりの喜びに溢れている。
 私は、このエネルギーに満ち溢れる八朔を見ていると、何かしら心が和むと同時に、湧き上がるような元気を貰うように思えてならない。
 秋の深まりにつれ脱緑減少が進み、徐々に黄色を帯びてきたこの八朔、年明けの2月頃から、人に恵みを与え且つ自らの新たな命を育むために、一つそしてまた一つその姿を消していくのである。
b0008825_22244778.jpg
b0008825_2225646.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2009-11-18 22:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/12348882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yyyanoy at 2009-11-21 21:05
いやーおみごと!つやつやのお肌で。
日当たり抜群ですね、しみだらけの悩みなどなさそう!

MATUTAKA家は自給率たかいですよねー。すべてありそう・・・。

Commented by matutaka31 at 2009-11-23 11:40
やっとのことで東京から逃げ出し、海と山に囲まれた自然豊かな郷に落ち着いたのですから、100%自然の恩恵をいただいています。
今朝の八朔はは、また一段とつやつやした肌が輝いていますよ。

自給率葉高いですよ。今はご飯の代わりに、毎日さつま芋を食べていますから。(^。^)


<< 豊年ありがとう 花火大会 秋深し >>