白菜の漬物

 寒がしまってくると、野菜がおいしくなる。
 その身近なものでは、大根、白菜、ほうれん草がある。
とりわけ白菜は、霜にあうたびに美味しさが増し、この時期の鍋物に欠かせない材料である。

 借りた土地で営んでいる我が家の菜園では、今その白菜が旬の時期を迎えている。
 収穫適期は、手の平の感触で確かめる。
 白菜の側面に両手を当ててそっと押してみると、硬さが手に伝わってくる。
 その硬さの具合で、収穫適期を判定する。
b0008825_1913949.jpg

 昨日、久しぶりの好天に恵まれ、5個の白菜を収穫して漬物を作った。
 外側の傷んだ葉っぱを剥ぎ取ると、きれいな黄緑の葉と真白の葉柄がむき出しになる。
 包丁を入れて四半分に割る。
 中は黄色の葉っぱが、ぎっしり詰まっている。さらにその中に切れ目を入れて
 半日天日干しをして、漬け込む。
b0008825_190214.jpg

 2~3日後には浅漬けが出来上がる。しゃきしゃきした歯ざわりで、さっぱりした味がこたえられない。
鍋と漬物、我が家ではなくてはならない冬の逸品である。
[PR]
by matutaka31 | 2009-12-28 19:05 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/12574602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yyyanoy at 2009-12-29 13:01
黄色のところが甘くておいしいんですよね。
みずみずしさがよくわかります。
晩酌一本増やしましょう!!
Commented by matutaka31 at 2009-12-29 23:19
yyyanoyさん 朝食には、味噌汁と白菜漬があれば言うことないですよ。それに晩酌には、この白菜漬けが意外と合うんですよ(*^_^*)
お蔭様で当分楽しめます。


<< ヤーコンの収穫 自動車運転免許更新料が1万円もかかる >>