久しぶりの雪

 予報どおり、今朝起きてみたら辺りは真っ白だった。
 雪はまもなく消えてしまったが、風が強く、体感温度は零下だと感じた。
 午後寒風をついてウオーキングをしたが、想像以上に寒く、今日ばかりは犬の散歩をする人も稀であた。
 子供たちはこの寒さをものともせず遊び回って、さすがに風の子と言われるとおりだが、大人たちは完全防寒スタイル。 当たり前とはいえ、子供たちの元気に脱帽。
 雪の風情は好きだが、寒いのはもう御免!

午前9時頃、我が家の雪の状況
b0008825_17403615.jpgb0008825_1740529.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2010-01-13 17:50 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/12662934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2010-01-14 10:31
本当に久しぶりの積雪でしたね。
私のマンションの植え込みも同じように雪化粧していました。

私は通勤している人の寒さや難儀を省みず、
無邪気に写真など撮っていました。

雪景色を見ると子供の頃を思い出したり、
雪国に旅行してるような気分になりました。
Commented by matutaka31 at 2010-01-14 16:10
dojyou38 さん 寒いのは御免ですが、実は秘かに喜んでいることがあるんですよ。
それは、菜園の野菜の味が一段と美味しくなることです。
そしてもう一つは、畑や庭の土壌中や切り株の中に潜んでいる害虫が死んでしまうからです。
 そんなことを考えていると、やや現実的になりますね。(*^_^*)
Commented by tetsu807-2 at 2010-01-15 13:09
matutaka31さん 難所が滝はこの日は見ごろだったでしょうね。
まともな体だったら、松ちゃん行こうよ!と、言いたいところですが、
今は夢の夢です。

山に登れる体になれるのかどうか、それが問題です。
仲間はこの日、数人で登られた模様です。
Commented by matutaka31 at 2010-01-15 14:47
tetsu807-2さん 難所ヶ滝見物、絶好のチャンスだったかもしれませんね。悔しい!
昨日は下界で、被爆体験をどう語り継ぐかを、ない知恵を絞っていました。
答えは???です。

自然治癒力を信じてリハビリに励めば、必ず再起可能ですよ。
そのうち“おい行くぞ!”と、声がかかるのを待っていますよ。


<< 福岡市原爆被害者の会(福岡市折... 八朔の収穫 >>