天拝山~天拝の郷の欲張りコースを楽しむ

 昨日、地元の歩こう会のメンバー8人で、大宰府の天拝山(258m)に登った後、「天拝の郷」で疲れを癒して自然食とビール&お酒で締めくくる、楽しい欲張りな一日を満喫した。

 日本晴れに恵まれ、木漏れ日が心地よくさし込む山道を歩くと、山歩きの良さが身にしみて心が軽やかになってくる。
 登山道は、登る人、降りてくる人、大勢の人が行き交う。
 大半の人は水筒を持っている程度で手ぶら同然の軽装の中高年の男女がほとんどで子供連れは見当たらない。多分、地元の人達がウオーキングのつもりの山登りだろう。

 山頂の眺望はすばらしい!
 展望台正面に大宰府の街並みが開け、その向こうには宝満山、三郡山、若杉山が連なり、更にその向こうには立花山が見える。
b0008825_15174063.jpg

左の方に目を転じると、福岡市街地が、そして能古島、玄海島が見える一大絵巻である。
b0008825_1573923.jpg

 山を降りた後、直ぐそばの武蔵寺へお参りをして、後半のお楽しみコースの「天拝の郷」へ急ぐ。
 b0008825_158274.jpgb0008825_1584760.jpg

 「天拝の郷」では、大浴場でゆったり身体をほぐした後、80種類に及ぶ自然食のバイキングとビール&お酒を心行くまで楽しんだ。
  このように楽しい一日がごく自然に流れていくのは、この「歩こう会」が、幾つかのサークル活動をする中で意気投合したメンバーの集まりであればこそであろう。
[PR]
by matutaka31 | 2010-01-28 12:07 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/12743563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ダイヤ・ドラゴン at 2010-01-29 15:09 x
初めてお目にかかります。
いつも素敵な画像と文章をありがとう。
楽しみにしています。
Commented by matutaka31 at 2010-01-29 22:35
ダイヤ・ドラゴン さん はじめまして。
お訪ねいただき、有難うございます。
稚拙なブログですが、これからもよろしくお願いいたします。
Commented by papahapon at 2010-01-30 22:16
テレビで志摩の方の土筆を写してましたが羨ましく眺めました。
那珂川にはスギナはいっぱい見られるのに土筆はほとんど見られません.(><;)
Commented at 2010-01-31 09:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by matutaka31 at 2010-01-31 10:48
papahaponさん お久しぶりです。
フィリピンへの長旅、お疲れ様でした。
志摩の方では土筆坊やが顔を出しているようですが、私はまだお目にかかれません。!(^^)! 
その場所は、“地元の知る人ぞ知る”場所らしいので、アンテナを高くして近いうちに探し当てようと思っているのですが、・・・。
Commented by matutaka31 at 2010-01-31 11:05
hirosi1928 さん 「70代の青春」にお立ち寄りいただき、有難うございます。こちらこそよろしくお願いいたします。
私は、サムエル・ウルマンの「青春の詩」を生活の支えにしておりますが、気力だけは失いたくないものと、自分の尻をたたいています。
拙いホームページを見ていただき、恐縮しています。最近サボッテ、あまり更新していませんので、気にしているのですが、・・・。
Commented by udon at 2010-01-31 18:33 x
久しぶりに訪問しましたら、私のご近所のブログでした
天拝山は数年前に上りましたが、今は少しの坂道も
心臓に負担、”天拝の郷”は上得意で時間を見つけては
温泉気分を味あいに行きます、matutakaさんはまさに
70代青春 真っ盛りですね!
Commented by matutaka31 at 2010-01-31 21:53 x
udon さん 天拝の郷に良く行かれるのですか。
なかなか良いところですね。
お湯もさることながら、自然食のバイキングはすっかり気に入りました。(*^_^*)
“真っ盛り”どころか、下り坂を転がり落ちるのを何とかブレーキをかけようともがいているようなものですよ。


<< キンカンの甘煮を作る お寺の墓地にも核家族化の影が・・・ >>