菜園の天地返し

  「天地返し」 、一般の方には聞きなれない言葉だと思う。ま~平たく言えば、畑の土を表層と深層をひっくり返す作業のことである。
 この寒い時期に天地返しをすることによって、土の中で越冬している虫を死滅させたり(土壌消毒にもなる)、土を柔らかくして通気性を良くし作物の根がしっかりと張って作物が丈夫に育つ効果がある。
 つまり、「土の若返り手術」と言ったほうが分かりやすいかも知れない。

b0008825_1253973.jpgb0008825_1255991.jpg

 その「天地返し」を、今、家庭菜園で実行している。
 方法は、スコップを使ってせっせと掘り起こす最も原始的なやりかたである。
 スコップを足で踏み込むのは体重を乗せればいいが、その土をスコップに載せて堀り上る時、物凄く腰を使うので長く続けることは出来ない。
 だから腰の具合と相談しながら、少しずつ根気よく続けるしかない。

 深い土を掘りあげた後には、そこいらに散らばっている野菜くずや雑草など有機物を、みんな放り込んで有機肥料として再利用する。
b0008825_126419.jpg

 勿論、こんなきつい思いをしなくても、購入肥料と農薬で野菜を育てようと思えば出来るわけであるが、それでは家庭菜園をやる意味が薄れてしまう。

 言うなれば、美味しい、安全な野菜を作ためのこだわりである。
[PR]
by matutaka31 | 2010-02-11 10:56 | 思いのまま | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/12822042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2010-02-12 14:49 x
「土の若返り手術」なのですね。相手を若返らせるために、ご自分は腰が痛まないように根気よく…とは さながらエネルギー保存の法則ですね、お疲れさまです。
醍醐味を満喫するためには、努力と根気がつきものですよね。

見えないようで、野菜たちはよくわかっていて「実」を結んでいることでしょう。ごちそうになる「身」としては、充分伝わっていますよ~ありがとうございます



Commented by matutaka31 at 2010-02-12 18:02
よこはまTさん 植物は自然の変化に、驚くほど敏感に反応しますね。
作る人の気持ちが乗り移るようで、びっくりすることがありますよ。

それに食べていただいた方々に言ってもらう「美味しかった」、(有難う」の一言がどれほど嬉しいか、物作りに共通する感動でしょうね。
その感動は、新たなエネルギーとなります。
Commented by ヒロピー at 2010-02-13 15:30 x
大きな土のかたまりは マツタカさんのスコップの跡。虫がびっくり この寒さで充分消毒されましたね。雑草も窒素肥料になり。労力のたまもので喜びが生まれますね。私のは プランターひっくりかえせばいいだけですが。まだそのまま あたたかくならないうちにしないとですね。気付かされました。
消毒の希釈表 よくみると 簡単にわかりました。プリントしました。
Commented by matutaka31 at 2010-02-13 21:31
ヒロピーさん “省エネ”ならぬ“省農薬”農法とでもいいましょうか。
プランターも、ひっくり返すだけでも、効果があるそうですよ。
あれこれトライして、結果を待つのも楽しいですね。

「希釈倍率表」使っていただいて嬉しいです。
Commented by papahapon at 2010-02-14 08:47
hitorisizuka1 さんに

Happy Valentine's Day ♪(^_^)v


<< 梅の花満開 読めない苗字 >>