ハーデンベルギア“ホワイトディ”

 鉢植えしていたが手が回らなくなったので、一昨年地植えにした。
その後どんどん伸びて、レッドロビンの生垣を覆ってしまった。
この花の下から、“邪魔だから早くどいてよ”と新芽の悲鳴に似た声が聞えるようだけど、今しばらく我慢してもらうしかない。
b0008825_21531372.jpg

b0008825_21534613.jpg 
ハーデンベルギア 別名コマチフジ(小町藤)
「強い日光と雨の当たらない風通し良いところを好む」とあるが、地植で十分育つ。
[PR]
by matutaka31 | 2010-03-06 22:02 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/12949447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヒロピー at 2010-03-08 21:43 x
満開ですねー。私のは鉢植えですが、マツタカさんのは地植えだから量も何倍かありですね。小さな花弁がかわいいしとてもいいですよ。本当に丈夫ですね。真夏の暑さ冬の寒さにも耐えて立派に咲いてます。
Commented by matutaka31 at 2010-03-08 22:16
ヒロピーさん この花は丈夫で長持ちするので、作りっぱなしの私向きです。花も藤の花に似て、ふんわり柔らか味を感じます。

「ハーデンベルギア」という名前は、何度聞いても直ぐ忘れます。(*^_^*)と言うことはこの名前は私にはなじめないようですから、「小町藤」でとおすことにしましょうかね。(^・^)


<< 春の花は移り変わりが速い 土筆の山 >>