ジャガイモの芽が出るか気がかり

 我が家庭菜園で、今、一つだけ気がかりなものはジャガイモである。
 ジャガイモの植え付け適期を2月20日前後と目論んでいたが、その時期に雨が多くて、結局2月26日と3月3日の2回に分け、男爵・メークイン・キタアカリ3種合わせて6kgを植え込んだ。
 ところがその直後から、菜種梅雨そして昨日の忘れ雪と続き、ジャガイモの芽だしにとって最悪の気象条件が重なり、芽が出るか心配になってきた。

 昨日夕方、散歩のついでに菜園の状態を見てきたが、畝間には水がたまっていた。
 低温と長雨で種ジャガイモが腐ってしまうのではないかと気になる。
 でも、今更どうしようもない。
 結果を待つだけである。
 芽が出る3月末頃まで、このもやもやした気持ちが続きそうだ。

b0008825_10373590.jpgb0008825_10381366.jpg
種ジャガイモを畝に中に置いた状態      植え終わった畝
          
 ハウス園芸は別として、自然相手の農業は、天候の変化を見極めながら作付け適期を逃さず、その上作物の特性をにあった栽培しなければならないのだから、傍目で観るほど生易しいものではないことを身をもって体験している。
 「農業をする人にぼけ老人いない」という話、今までぼんやり聞き流していたが、「ボケる暇がない」のだろうと思うとなんとなく肯ける。
[PR]
by matutaka31 | 2010-03-11 10:49 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/12973160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yyyanoy at 2010-03-11 22:07
おお!あいかわらずいい畝で芸術ですね。
農業はお天気まかせといいますが、あしたは温かくなりそうです、地面もぬくくなるといいですね、、、いいかげんにお天道様出てよ!です。

アケビの字は「木通」これもありました
Commented by sibuya at 2010-03-12 12:40 x
ジャガイモの植え付けとは早いですね~ 6月頃には収穫出来
ますね。我が北海道のジャガイモの植え付けは5月半ば過ぎです。
我が家でも男爵・キタアカリです。早取りは8月のお盆過ぎ頃ですが
ほんの少ししか作りません‥嫁いだ娘の農家では5haほど
大量ジャガイモを作っていますので 頂いています。
Commented by matutaka31 at 2010-03-12 21:13
yyyanoyさん 畝が真直ぐだと作物も真直ぐ形の良いのができるといいのですが、畝の形に関係なく、残念ながら歪なものが出来ますよ。(*^_^*)

「道通」、「木通」これとアケビがどうつながるのか調べてみました。
面白いですね。
アケビの蔓は、芯が空洞であるところから、この名前が出たようですね。

「茎に細き穴有りて、両頭皆通ず,一頭を含みてこれを吹けば、則ち気彼の頭に出る者良なり」   という解説がありました。
Commented by matutaka31 at 2010-03-12 21:22
sibuya さん 今日、こちらは昨日とうって変わって、菜園の仕事をしていると汗ばむほどの暖かさでした。
今年の気象は、本当に変ですね。何か悪いことの前兆でなければいいのですが、・・・。

こちらでは、年2回ジャガイモを収穫することが出来ます。春ジャガイモは、2月に植え付け6月の梅雨前に収穫します。
そういえば、北海道は梅雨がないのですね。

5haのジャガイモ畑、考えるだけで気が遠くなりそうな規模ですね。
時々、広大な面積一杯にジャガイモの白い花が咲いている光景を見ることがありますが、雄大そのものですね。


<< 枝垂れ梅の剪定 春の花は移り変わりが速い >>