福岡市室見川河畔の桜

今朝早く所要で室見川の近くまで行ったので、用事を済ました後、河畔の桜並木の下を散策してきた。
 普段は花見客で賑わうところであるが、時折霧雨が降る生憎の天気で、今朝は訪れる人も少なく桜も寂しそうな風情で、水滴を含んだ花びらは心なしか重たそうにうつむき加減であった。
 河川敷の側に林立する室見団地に住む人達にとっては、目の前に広がる桜並木を居ながらにして楽しめる絶好のシーズン到来である。
 天候が回復する週末には、満開の花見客でごった返すことだろう。
b0008825_16301467.jpg

b0008825_16305912.jpgb0008825_16312620.jpg
写真に写っている流れは、河川敷に設けられた側溝で、室見川ではない

b0008825_16322355.jpgb0008825_16324189.jpgb0008825_1633060.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2010-03-24 16:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13041942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2010-03-25 17:07
室見川のさくら、もうこんなに咲いていますか。
雨天にも関わらず、桜の様々な姿が良く撮れてますね。

近くですが、未だ見ていません。
見頃になって、天候不順ですね。

天気が良くなったら言ってみようかな。
それまで散らないことを・・・
Commented by matutaka31 at 2010-03-26 21:19
dojyou38さん 室見川のゆったりした流れ、そして綺麗に整備された河川敷、その自然を彩る桜並木、街中に残されたすばらしい光景ですね。

この近くに住む人は、自然の四季を居ながらにして楽しめる、本当に恵まれた環境だと思います。

dojyou38さんは、長い海外旅行でお疲れと思いますが、この桜をゆっくりご覧になり、旅の疲れを癒してください。


<< 彼岸の頃の種まき 「うちのイケダン」 >>