果たして「木イチゴ」だろうか

 今日、用事を済まして車での帰り道、ちょっと寄り道をして山路に入ったところで、偶然「木イチゴ」の群生地に出くわした。
b0008825_21474558.jpg

 夏になると、真っ赤な実をつける。これを5~6個まとめて口に放り込んで食べると、口中に広がる甘酸っぱい味がこたえられない。(*^_^*) 
 私は「木イチゴ」と思い込んでいるのだが、夏から秋にかけて山路を歩くとき、この真っ赤に色付いた実を見つける度に、同行者との間で「木イチゴ」だ、いや「草イチゴ」だ・・・と見方が分かれる。

 そして何時も、その違いがはっきりしないまま、あいまいになってしまう。
     
花を少しアップしてみよう。
b0008825_2155979.jpg
b0008825_21553258.jpg

 果たして「木イチゴ」かそれとも「草イチゴ」か、
 もしかして、同じものではないだろうか?
 別物だとすると、どこが違うのだろうか?・・・
 そろそろ決着をつけなくちゃ!(*^_^*)

[PR]
by matutaka31 | 2010-03-27 22:07 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13058410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tenpai8 at 2010-03-28 12:27 x
この花、この葉、群生の仕方、これはクサイチゴです。
糸島方面の山際の土手には群生地が多く、稔る頃は沢山収穫することが出来、食味も美味しいですし、焼酎漬けはキレイな色になります。
木イチゴハ全く形が違って、山の土手に自生して2m位の多年生棘棘の細い木で、花は6-7mm位の花です。実も小さく、黄色味を帯び、
前者とは食味も悪いです。
Commented by matutaka31 at 2010-03-28 21:45
tenpai8 さん やはり「草イチゴ」ですか。
そういえば、「木イチゴ」は花も小さいし、実も黄色実をおびていますね。
納得です。  有難うございました。<m(__)m>

今度、実を集めて焼酎漬けを作ってみましょう。(*^_^*)
Commented by 夢子 at 2010-03-28 22:12 x
初めまして~
毎日近くを散策していますが、今年はこの草イチゴの花を
良く見かけます。
例年よりも多いような気がしています。
Commented by matutaka31 at 2010-03-29 09:05
夢子さん 初めまして。なんだか夢が膨らむ予感がするようなお名前ですね。
植物は、自然の変化に敏感ですね。もしかして、この「草イチゴ」は、今年のような異常気象(人間にとっては)が合っているのかもしれませんね。
赤い実が生るころの山歩きが、楽しみです。


<< アラカン 彼岸の頃の種まき >>