花見と山歩き

 今日は仲間3人で、福岡市民の森として親しまれている一大自然公園である油山(597m)の桜見物を兼ねた山登りを楽しんだ。
 その油山の山あい一面に広がる満開の桜は、他に類を見ない一大絵巻で、壮観そのものである。

 桜をひとしきり見物した後、のんびり山歩き。急な坂道をゆっくり歩くが、次第に体が温まる。
 博多湾から吹き上げてくる冷たい風も、程よく汗ばむ身体には心地よい。
 時折、ざわざわと木の葉が揺れる音に混じって、メジロの大合唱が聞こえる。
 そして、所々にせせらぎの音も、・・・。
中腹から、福岡市の様子が手に取るように見える
b0008825_21443111.jpg

桜は満開の一歩手前という感じで、2~3日後が最高の見ごろになるだろう。
b0008825_21504145.jpg
b0008825_21513976.jpgb0008825_21521877.jpgb0008825_2152348.jpg
(写真をクリックすると拡大画面が見られます)
[PR]
by matutaka31 | 2010-03-30 22:23 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13074204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2010-03-31 09:15
今年は桜が堪能できますね。
開花が例年より早かったが、花冷えが続き花が長持ちしています。

もう山歩きしていますか。
私は寒がりなので、未だ今年は山に行っていません。
ぼつぼつ始めようかな~と思ったところで、脹脛の肉離れ!

大分回復してきたので、ワーキングから足慣らししようと思います。
Commented by matutaka31 at 2010-04-01 10:05
dojyou38さん 何時までも寒いのはいやですが、お陰で桜の花見を満喫できます。良くないことの反面、良いこともありますね。
久しぶりの山登り、足にかかる負担の大きさを実感しました。年のせいにしたくはないんですが、・・・。(*^_^*)
脹脛の肉離れ、大事になさってください。


<< 花の駕与丁公園を歩く アラカン >>