花の駕与丁公園を歩く

 昨日(3月31日)、地元の「イッペー歩こう会」で、粕屋町の駕与丁公園を歩いた。
 池のほとりに植えられた桜は、丁度満開で訪れた花見客の目を楽しませていたが、時折吹いてくる風にハラハラと散る花吹雪は、一層歩く我々の心を和ませてくれた。

b0008825_11205579.jpgb0008825_11211623.jpg

 歩くコースは、JR篠栗線長者原駅から公園まで0,8kmに公園一周4,2km合わせて5kmの予定であったが、絶好の花見スポットまで歩いたところで、程よい疲れと空腹を感じるまま花見の宴に切り替えたため、一部をショートカットしてしまった。
b0008825_11231719.gif

 このクラブは、ウオーキングと親睦が目的で生まれたクラブだから、メンバーが固定されていて、月1回の例会はウオーキングの後は必ずと言って良いくらい親睦会がつきもので、今回は楽しい花見の宴となった次第。
すばらしいメンバーに恵まれ、気兼ねなく楽しい一日を過ごすことが出来ることに感謝!感謝!
[PR]
by matutaka31 | 2010-04-01 11:31 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13081891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sibuya at 2010-04-01 19:20 x
粕屋町の駕与丁公園・・サクラ吹雪の中をウオーキング・・
気分爽快でしょうね~ 
我がマチのウオーキングは5月からです。4月までは所どころに
雪があるためです。いつも60歳~80歳の高齢者が多く参加します。
10月で終わりになり 秋が深まり雪が舞う時期になります。
短い北海道我がマチの「ウオーキング」ですが 私は年中歩き
続けています。
Commented by matutaka31 at 2010-04-01 21:09
北海道の5月、百花繚乱の中でのウオーキングはさぞ快適でしょうね。長い冬から開放された気分は、その場で生活する人でなくては味わえない、開放感に包まれることでしょうね。
その5月は、もう目前ですね。

sibuyaさんは年中歩き続けていらっしゃるとのこと、雪の中のウオーキングは大変でしょう。
でも生活のリズムになってしまうと、歩き続けるのは、傍目に見るほど大変でないのかもしれませんね。
歩いた後の晩酌は美味しいですからね。(*^_^*)
Commented by yyyanoy at 2010-04-01 21:45
お天気はよかったですよね、あまりめまぐるしくかわるんで昨日のこともわからなくなって・・・・でも気持ちよさそうですね、そのあともたのしそう!素晴らしいお仲間ですね。
梅は上から、桜は下から見るものだそうで・・・とテレビでいってました。

↓わが夫も「アラカン」は嵐・・・でしたー。

Commented by matutaka31 at 2010-04-01 22:13
yyyanoyさん 桜は下から・・・良いこと聞きました。
言われてみると、なるほどと思いますね。納得です。
「ゆ~きは下から舞い上がる~♪・・・」もう間もなく花吹雪の時節、これも下から見ることにしましょう。

旦那様も「嵐・・・」族でしたか。(^・^)
Commented by dojyou38 at 2010-04-02 15:05
駕与丁公園 随分長い間行っておりません。
福岡に転勤してきた20数年前、
ブラックバス釣をする次男にせがまれて、何度か行きました。

その頃は単なる大きな溜め池のようでしたが、
最近は立派に公園として整備されているようですね。
そして、1年中 シーズン毎に花が見られるそうですね。

機会があれば訪ねて見たいです。
Commented by matutaka31 at 2010-04-02 21:13
dojyou38さん 福岡市の直ぐ隣に、大濠公園より広い公園があるのは驚きでした。
しかも、粕屋町単独で維持管理していることです。

周囲4,2kmはきれいな遊歩道が整備され、子供たちが思う存分遊べる広場やバラ園など住民の憩いの広場として親しまれているようです。

機会がありましたら、お訪ねになったら如何でしょうか。


<< キイチゴとクサイチゴの違い 花見と山歩き >>