御衣黄桜

 昨日、珍しい桜に出会った。
 八重咲きの桜で、花の色は淡緑色。
 その名は、「御衣黄桜」(ギョイコウサクラ)。
 「御衣黄」という名前の由来は、貴族の衣服の萌黄色に近いためとされている。
b0008825_22171398.jpg
b0008825_22172939.jpg
 この桜は、これまで鮮やかに咲き続けたソメイヨシノの残像が残っているこの時期、一方では周りの木々の新芽が芽吹き始めるためあまり目立たないが、めったに見かけることがない珍しい桜である。


 この「御衣黄桜」(ギョイコウサクラ)が、昨日プレイしたゴルフ場「セブンミリオンCC」の8番ホールに2本、駐車場近くに2本あることを、キャディーさんに教えてもらった。

 このゴルフ場のキャディーさんは、場内に植えられている花木の名前と写真入りの簡単な説明書(虎の巻)を持っていて、私の質問に答えていくれた。
プレイの合間、「これは何だろう?」と疑問を投げかけると、虎の巻をぺらぺらとめくって、「私は花のことは詳しくないんですガ・・・」と謙遜しながらも、「〇〇じゃないですかねー」と、コミュニケーションを保とうとする態度は好感が持てるし、その場の雰囲気をしばし和ませてくれる。
[PR]
by matutaka31 | 2010-04-09 22:24 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13126518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2010-04-11 08:46
この桜、御衣黄桜 と言うのですか。
ソメイヨシノが散った後でたまに見かけることが有りますが、
名前知らなかったです。

それにしても、セブンミリオンのキャディーさん なかなかのものですね。
キャディは自分のコースの花や木のことを良く知っていますが、
説明書まで持ってプレーヤーの質問に応えようとする努力に乾杯です。
Commented by matutaka31 at 2010-04-11 09:40
dojyou38さん このお花は、咲く時期に恵まれていないようです。
ソメイヨシノの陰に隠れて、ひっそり咲いている感じです。
でも、良く見ると素敵な花ですね。

最近のキャディーさんは、単にプレーヤーの手助けをするだけでなく、心の触れ合いを大切にしているように思われますね。
勿論、ゴルフ場の経営戦略でしょうけど、・・・、良いことだと思います。


<< スイートコーンの移植 岡城址を訪ねる >>