虹の松原ウォーク

 昨日、地元の歩こうかいのメンバーで虹ノ松原を歩いた。
 久しぶりの好天に恵まれ、JR筑肥線「浜崎駅前からから約5kmの「虹の松原」の中を、側の国道を走る車の騒音をよそに、腐葉土で弾力のある地面を森林浴をしながら歩くと清々しい気持ちになる。
 松原を抜けて松浦川を渡ると、目の前に新緑に囲まれた唐津城別名舞鶴城がそびえる。
 唐津城の樹齢100年の藤の花を見物した後、「旧高取邸」を見学して、JR唐津駅に到着するまでおよそ8kmのウオーキングであった。

 唐津駅前の唐津市ふるさと会館「アルピノ」で昼食、一杯の生ビールで健康の幸せを実感しながら喉を潤したのは言うまでもない。
 b0008825_2246874.jpgb0008825_22522812.jpg

鏡山から見た「虹の松原」のパノラマ  (2006年4月当時の写真)



 虹ノ松原は、佐賀県唐津市の玄界灘に面した幅400~700m長さ約5kmにわたる黒松林で、江戸時代初期に、時の藩主寺沢志摩守廣高が後背地の新田開発などのための防風、防砂、防潮林として植林をしたのが始まりといわれ、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されている。
[PR]
by matutaka31 | 2010-04-29 22:55 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13227688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヒロピー at 2010-04-30 21:52 x
唐津虹の松原は私も歩いたことあります。土がほんとうにふかふかでした。松くい虫事件もありましたが いつまでも残したいところですね。綺麗な海や お魚村など 佐賀のひとは 村おこしの名人ですね。呼子 三瀬 楽しい行きたいところがいっぱいです。
Commented by matutaka31 at 2010-04-30 22:35
ヒロピー さんも松原の中を歩かれましたか。土が軟らかいので、コンクリート道路と違って、疲れを感じないですね。
ウオーキングは、やっぱり身体に優しい土や芝の上が良いですね。

車で30分~1時間も走ると、海・山の自然が一杯!
そして美味しい食べ物も一杯!
博多の周辺は、楽しさで一杯ですね。


<< 二見が浦の注連縄架け替え 高祖神楽鑑賞 >>