陶器市での掘り出し物

 昨日、長崎県波佐見町の陶器市に行った。
 陶器市の面白さは、なんと言っても同じような品物が一杯並ぶ中から、自分の気に入ったものを選び出し、それを安く買うことだろう。
 片道2時間かけてたどり着き、そして2時間あまり歩き回って私が買ったのは、ぼたんの花模様のマグカップただ1個。(*^_^*)
 一見気がつかないほどの僅かな釉薬のずれがもとで、通常@¥5,000が¥2、000に、・・・。
 正にお買い得品、これから私のコーヒータイムのお友になる。
たかがマグカップ1個、されど私にとっては毎日潤いをもたらす大切な1個。

b0008825_9255545.jpg

 ちなみに去年有田陶器市で買ったのは、クローバーの模様入り飯碗1個。これは今も大切に毎日使っている。

 一回りしたところで、芝の上にテーブルを置いただけの出店で、コーヒーを飲むことに、・・・。
 ここでは、陶器市ならではのアイデアが・・・・、 コーヒー1杯300円、ただし自分の好みのコップ付き(持ち帰りOK)
 どうせコップは100円位の品物だと思うが、天然水で沸かしたコーヒーは、アイデアー効果もあって結構美味しかった。(^・^)

b0008825_926427.jpgb0008825_92702.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2010-05-05 09:37 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13253812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yyyanoy at 2010-05-06 09:11
ぼたんの柄でしょうか、すてきですね。
きずは素人が見てもどこがってわかりませんよね、半額以下で買えるのは魅力です、わたしも今使っている湯のみは有田で買ったものです安かった。

コーヒーカップお持ち帰り300円はかんがえましたね、みんなで協力して盛りたてて作り手も買い手も笑顔でいたいものです。
Commented by matutaka31 at 2010-05-06 09:55
yyyanoyさん バラではなくボタンでした。
“お年ですね”と言われそう・・・。(^・^)

こうゆう所に行くと、ただ大売出しのショーを楽しむ一方、プロのこだわりとか根性というものを感じますね。


<< 何じゃ何じゃこの木は? 記録的な天候不順で、農家の苦労を知る >>