犬系男子と猫系男子

最近、人を表現する造語の多いのに驚く。
 例えば風貌をあらわす 「イケメン」&「シケメン」・「ダサメン」、顔の表情を表す 「醤油顔」&「ソース顔」 など。
 このように直感的な表現で軽く受け止められるものから、体形や性格まで読み取ったような「草食系」&「肉食系」等々・・・次から次へと矢継ぎ早に、無責任に人を仕分けするような新造語があふれ出てくる。
 そう思っていたら、今度は「犬系男子」&「猫系男子」なる言葉がもてはやされているようだ。
b0008825_14102543.jpg
 ちなみに犬系男子とは、彼女の前では尻尾をふり、彼女の帰りが遅いときには駅まで出迎え、家では掃除洗濯を行う等忠誠心旺盛な男子のことを言うらしい。b0008825_1411040.jpg また猫系男子は、マイペースで自分の気分次第ですり寄ってくる、クールなタイプのことを言うらしい。

 このような造語の氾濫は、感性豊かな若者達がそれなりの表現を求めているのだからどうでもいいことだが、現在の日本の世相を見るようで、いささか軽薄な印象を拭い去れないばかりか寂しい思いが強くなる。10人十色なのに、・・・。
 先日終わったばかりのサッカーワールドカップの試合で見た、国の威信をかけた闘争心あふれる若者の姿が脳裏に焼きついているせいか、日本の若者よ大志を抱け! と大声を出したくなる。
  「坂本竜馬型男子」とか「白州次郎型男子」だとか、・・・そうゆう人物像は、平和ボケした今の日本では期待するのが無理なんだろうか。
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-14 14:33 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13592873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yyyanoy at 2010-07-15 21:24
白洲次郎がいい!!
Commented by matutaka31 at 2010-07-15 21:48
支持率なんか気にするな!日本の将来のために、これは必要なんだ”!と啖呵を切るような為政者はいないのですかね。
出世より家庭が大切・・・と言う現代っ子には、無理な相談でしょうかね。
Commented by よこはまT at 2010-07-16 01:05 x
10年前の母親世代と、今の母親世代、幼児をめぐる雰囲気が変わってきています。意識の変化もめまぐるしい

10年後はまた違うかも…いえ、5年後かもですね。

女子教育も様変わりしていますから、

  坂本龍馬型女子 白洲次郎型女子

については出現するかもですね(^^)/
Commented by matutaka31 at 2010-07-16 18:51
坂本龍馬型女子 白洲次郎型女子良いですね!!
軟弱男子が増えるばかりの日本には、鉄の女が必要かも、・・・。
とにかくカリスマ性に富んだ為政者が待たれますね。


<< 生垣の剪定 歯の健康診断 >>