生垣の剪定

 午前中、ボランティア活動で、ひょうたん池の植木剪定をして一汗かいた。
 シャワーを浴びて昼食の後、剪定が遅れている我が家の生垣が気になってきた。
 今日は幸い梅雨の一休みだ。ヨシ!一気にやっつけよう。思いついたが吉日とばかり、今度は我が家の生垣の剪定を始めた。
 脚立に乗って剪定はさみを使う作業だから、もう汗びっしょり、腕もくたくた。それでも、家内が剪定くずの後始末を手伝ってくれたので、約3時間ばかりで外側だけ終えることができた。

 隣のおじさんが“業者に頼むと3万円じゃ収まらんでしょうね”と労ってくれたが、自分の胸算用では5万円位節約したつもりなんだけど・・・。(*^_^*)
 これ以上今日は無理だと決め込んで、内側と高い植木の選定は後日に残した。
 それにしても暑い、そして剪定に明け暮れした一日であった。

b0008825_22334855.jpgb0008825_22491895.jpg
剪定を終えてすっきり

 南側の生垣は、ツルハナナス(別名ヤマホロシ)が咲いているので、その花を切るのは忍びなくてそのまま残すことにした。b0008825_2237951.jpgb0008825_2237275.jpg

 私は緑に囲まれた住まいが夢だったので、この家を建てるとき周囲を全て生垣にしてそのうえ植木も植え、緑に囲まれた生活に満足してきた。ところが植木は大きくなるのに、脚立に立つのがだんだん不安になってきた。この先、何時まで自分の手でで剪定出来るだろうか。
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-16 22:52 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13603935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 今度はカボチャが・・・ 犬系男子と猫系男子 >>