炎天下のゴルフ

 昨日、こんなクソ暑いのにゴルフ?と言われそうだが、炎天下でゴルフをしてきた。
 元々ゴルフが好きだから・・・だが、暑いから止めておこうという気になったらそれがきっかけでゴルフ場が次第に遠のいていくかも知れないという自分への警鐘もあったから。
 こんな暑い日は、早朝スタートに限る。
 8時1番スタートの予約だから同伴メンバーは7時過ぎにはゴルフ場に到着していたので、早めにスタートしようということになり、7時40分にスタート。
 こんな暑い日はお客も少なく、お蔭で順調に回れて1ラウンド終了したのが12時前。一風呂浴びて汗を流し、すっきりした気分でのんびり昼食、・・・と何事もなく炎天下のゴルフは終わったがさすがに暑いゴルフだった!
 同伴メンバーの最高齢者は88才。
 その方は、腎臓を患っていて極端に塩分摂取を制限されているためかなり細身の体ながら、水分補給だけで1ラウンドプレイされるのだが、やはりこの暑さはかなり体にこたえた様子。でも、弱音ひとつ吐かないでみんなと一緒に楽しくプレイされる心意気に頭が下がる。
 それだけでなく、氏は80歳になってから(ボケ防止のためと言いながら)パソコンを始められ、今では雨の日を除き毎朝、「博多湾の日の出」をホームページにアップされている。
 自分の体の具合を知り尽くした体調管理と、何事にも意欲的に取り組まれる生活心情が、氏の元気の源だろうと考えるのだが、・・・。 
[PR]
by matutaka31 | 2010-08-04 22:52 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13708978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2010-08-06 10:30 x
暑中お見舞い申し上げます。
酷暑の中のゴルフ、さぞかし「苦しみを伴う心地よい達成感」を楽しまれたことでしょうね(^^)
「博多湾の日の出」にもお邪魔させていただきました。すばらしいですね。

私は昨日、都内某大学の、受験希望者のための「オープンキャンパス」へ息子の家族枠で見学に行きました。伝統と学生たちのプレゼンテーションに、大いに触発をもらいました。
若い彼らも、理想と苦悩の中の努力で輝いている様子に、日本もまだまだ将来がありそうだと、希望をもらいました\(^^)/
こういう場に足を運べて幸運です。
Commented by matutaka31 at 2010-08-06 21:41
よこはまTさん お暑うございます。
私の平熱は35度台ですから、まさに体温を上回る日が続いて、体が煮える様な毎日です。

最近マスコミでは、若者の無軌道ぶりや軽薄な言動ばかりが報道されるので、ややもすると多くの若者がそうであるかのような錯覚を覚えることがあります。
でも、これらはごく一部で、多くの若者はまじめに生きているんですよね。

息子さんの明るい未来が見えるようです。ご一緒されてよかったですね。
Commented by dojyou38 at 2010-08-07 08:53
炎天下のゴルフさぞきつかったことと思います。
でも、早朝スタートで爽やかな汗をかいたことと思います。

私は1昨年末からゴルフを止めてますが(今年止む得ず一度しましたが)、やはり続けた方が良いと思います。
私のように歳だからと、趣味を一つ一つやめる消極的なのはよくないですね。

同伴された88歳氏、敬服します。
氏のブログ訪問させて頂きます。
Commented by matutaka31 at 2010-08-07 09:42
dojyou38 さん おっしゃるとおり、年を取ってから趣味を一度やめたら再起にはかなりのエネルギーが必要になりそうですね。それでも再起できればいいのですが、・・・。

私は釣りキチと言われるほどのマニアでしたが、仲間が揃わなくなって中断したのがきっかけで、ついにこの2年間一度も出かけていません。

やはり止めないで続けるべきですね。体力がある限り!


<< 酷暑日のボランティア いまだに「お役所的」 >>