芋焼酎

 私の晩酌は、芋焼酎である。つまり本格焼酎。
 飲み方は、5:5のお湯割り。お湯5に対し焼酎5の割合。
 この猛暑の時期でも、やはりお湯割り!
 お湯は7~80℃位のぬるめがいい。
 飲む量は、焼酎で0.7~1合(日本酒換算で約2合、アル中にならない限界と自認)
 そして週1日は努めて休肝日のつもりだが、・・・。
b0008825_2150475.jpg
私の愛用、娘が敬老の日に贈ってくれた「酒器」


 その焼酎の飲み方が最近変わっているという。新聞情報によると、 焼酎は「芋・安・混」だそうだ。つまり人気銘柄は芋焼酎、価格は安いもの、そして甲類と本格焼酎を混ぜた安い「甲乙混和」が売れているそうだ。
 晩酌でこんな面倒なことはしないだろう。でもお外で付き合いをするときは、やはり小遣いが気になるだろうな~。
 お酒は人夫々いろんな楽しみ方があっていいのだから、せめて晩酌は美味しくて程よい酔いで一日の疲れが取れるような飲み方を続けたいものだ。

 参考までに最近の人気商品をネットで調べてみた。
市場の人気銘柄ランキングは、我々晩酌党とは大分違った動きをしているようだ。
 それにしても、「森伊蔵」の桐箱入り39,900円/1800ml、日航機内販売15,300円/720mllは、人気銘柄とは言え異常と言わざるを得ない。
 私は、もっぱら本格焼酎「黒霧島」オンリーだ。
[PR]
by matutaka31 | 2010-08-16 15:09 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13779475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2010-08-23 09:43

晩酌と焼酎についての思考は私と殆んど同じですね。
因みに、私は「三岳」を夏もお湯割で飲んでいます。
三岳も人気商品のようで、ディスカウント店でも結構な値段ですが、
私は別のルートでリーズナブルな定価で求めています。

1年中、殆んど焼酎ですが、この熱さに8月に入って発泡酒を飲むことが多くなりなりました。
早く 三岳のお湯割が飲める気温になって欲しいものです。
Commented by matutaka31 at 2010-08-23 15:18
dojyou38 さん 熱めのお湯割りが腹にしみるような、そんな気候に早くなればいいな~と思う毎日です。
汗をいっぱいかいた後の、一杯のビールはなんとも言えませんね。でも、その後はやはり焼酎のお湯割り。
結局ビールの分だけ余計飲む結果に・・・(?_?)


<< 快汗 反戦・反核・終戦は季語ですか >>