ジャガイモと大根の畝作り

 午前中、ボランティアでひょうたん池花壇の水遣りをした後、菜園でジャガイモと大根を植える畝作りをした。
 ジャガイモは、種ジャガイモ約3㎏分。秋じゃがいもは、春昨に比べあまり美味しくないので少なめにした。品種は「出島」。
 苦土石灰を施して、2~3日後に肥料を施して種ジャガイモを植えるだけだから簡単だ。

 大根の畝はちょっと手が要る。
 美味しい大根を作りたいので、スコップで思いっきり踏み込んで、土を上と下をひっくり返すいわゆる天地返しをした。
 スコップを踏み込むのは体重を乗せれば済むことだが、これを持ち上げてひっくり返すのが大変。
 踏み込んだ後、テコの要領で土を浮かして腕力で持ち上げるのだが、水分を含んだスコップ一杯の土は結構重たいので、かなり腰に負担がかかる。腰を痛めてはもともこうもないので気を遣う。
 もう汗びっしょり。
 水分補給をしながら、やっとのことで天地返しが終わった。
 その後、苦土石灰を施し土壌に馴染むように軽く切り返す。
 当分雨が降る予報はないので、乾燥防止のためビニールシートで覆って、幅1m、長さ5mの畝が完成。 
 覚悟はしていたものの、36℃炎天下の2時間の作業はさすがに暑かった!
 時期をずらして別品種の大根を植えるため、もう一つ同じような畝を2週間後くらいに作る予定。
b0008825_16573983.jpg
ビニールシートで覆った畝

[PR]
by matutaka31 | 2010-09-01 17:14 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/13897083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2010-09-02 08:18 x
本格的作業に驚き
我が地方全く雨なし 大根の種まき時期をづらしてるようです。
蕎麦のたねまきして八日目全く芽の生える気配なし
一雨欲しいものです。
今日もぎらぎら暑い一日になりそうです。
Commented by matutaka31 at 2010-09-02 21:51
庭では水道で散水できますが、畑では雨が降らないとお手上げです。
農業で、雨が降らないほど酷なものはないです。
早く一雨降るといいですね。
こちらも先日の雨以降、当分晴れの予報になっていますので、果して種をまいていいものか思案中です。


<< 暑気払いで「海ゆかば」 秋・冬野菜作りシーズン >>