黒豆(黒大豆)栽培

 今年の黒豆作りは、去年の失敗の轍を踏まないよう、今までにない真剣な栽培管理をしてきた。
 去年は、途中まで生育は申し分なく、莢も沢山付いたので、豊作間違いないと確信していた。
 ところが、莢は大きくなっても中の実がいつまで経っても膨らんでこない。
 そのまま収穫時期を迎え、ついに豆の収穫は皆無に等しく、それまでの私の黒豆作りの自信を、無残に打ち砕かれた完敗だった。

 原因を可能な限り追求した。
 いろんな資料や経験者の情報で確認しても、栽培方法に基本的な誤りはない。
 ではなぜだ?
 的確な原因をつかめないまま、半年間思案に暮れた。

 そうこうしているうち、ふとしたことから、原因がわかった。
 水不足だった。特に開花から莢ができる頃の土壌水分不足は、致命的になることがわかった。
 この辺の農家では「雨豆・日ゴマ」という言い伝えがあるそうだ。
 つまり、「雨の多いとき大豆は豊作になり、日照りのときはゴマが豊作になる」という言い伝えだ。
 
 目の前の霧がいっぺんに晴れた感じだ。
 そこで今年の黒豆栽培は、この水の補給一点に絞り、土壌が乾かないよう細心の注意を払った。
 ある時は20L入りポリタンク3個で水道水を車で運び、あるときは菜園近くの知人の井戸水を貰い、、徹底して水遣りを続けた。
 我ながら良く頑張ったものだ。ヽ(^。^)ノ

 お陰で今年は、莢の中の豆が順調に膨らんでいるので、もう黒豆の収穫は間違いない。
 快勝とまでいかなくとも、今年は私の勝だ。
 それにしても、この黒豆さん、気難しい姫君だ。

b0008825_21543663.jpgb0008825_21545416.jpg
 
 最近菜園に出かけるのが楽しくてしょうがない。
 引っかかっていた問題を解決した、達成感みたいな爽やかな気分だ。
 行くたびに、莢の膨らみを自分の手で確かめるのが日課になっている。(^^♪

[PR]
by matutaka31 | 2010-10-02 22:15 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14133866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sibuya at 2010-10-03 09:21 x
「雨豆・日ゴマ」という言葉を初めて知りました。
北海道は雨がほどほどに降って 豆の収量も良好のようです。
正月の料理に欠かせない「黒豆」我が娘が嫁いだ農家では
1㌶ほどの黒豆を作って販売しているようですが豊作のようです。
Commented by tenpai8 at 2010-10-03 09:42 x
お互い豊作の予感。ヨカッタですね! 今年は今のところ極めて順調のようですね。大敵・台風も大体通過したようで、ホット一安心でしょうか?
でも、油断大敵。これからの季節によくある南からの強風に、去年はヤラレました。結実して体が重くなったところに、強風が来て、倒伏するのが、去年の失敗でした。これから一株一株支柱でシッカリと固定しようと思っています。頑張りましょう。エダマメの味を夢見つつ。
Commented by matutaka31 at 2010-10-03 10:06
sibuya さん 北海道は赤いダイヤのことが頭にあり、黒いダイヤのことは知りませんでした。
 それにしても黒豆1㌶とは、考えただけでも壮観ですね。
今年の正月は、自作の豆で・・・と、獲らぬ狸の皮算用しています。
Commented by matutaka31 at 2010-10-03 10:08
tenpai8 さん ブログ拝見しました。
見るからに豊作のようで、まずは拍手喝采!
いよいよ台風シーズン到来、まだ気を許してはいけないのですね。
Commented by taminamikawa1 at 2010-10-03 11:07
野菜作りは子育てと一緒だとよく言われますが、
特に、黒豆作りのポイントは土壌が乾かないように常に水やりをすること、これが成功のコツ。
収穫が楽しみですね。
永年の経験から導き出した農家の方の「雨豆・日ゴマ」格言には教えられることが多いですね。
Commented by matutaka31 at 2010-10-03 11:27
taminamikawa1 さん 本当に子育てと同じですね。
ちょっと気を抜くと出来が悪くなり、愛情を注ぐとすくすく育つ・・・。
古人の言い伝えは、長い経験の積み重ねで、今の世の中でも参考になることが多いです。
 大切にしたいものです。
Commented by hibochan at 2010-10-05 08:22 x
雨豆 日ゴマ 初めて知りました。
枝豆お見事
御近所さん話で 今年はなりものは 不作のようでした。
やはり水不足の影響なのでしょう。
我が蕎麦畑 一カ月遅れですが勢いよく芽が出てます。
Commented by matutaka31 at 2010-10-05 20:37
hibochan さん 確かに今年はなりものがよくないようです。
我が家の庭に植えている温州みかんも金柑も、みんな小粒です。
山椒の実ならいいのですが、小粒のみかんはいただけません。
一カ月遅れの蕎麦のその後、関心があります。
時折、情報をお待ちします。
Commented by dojyou38 at 2010-10-06 22:56
雨豆・日ゴマですか。
そういえば以前菜園をしていた時に、ソラマメを作ったことがあります。
すくすく茎が伸びて、鞘も立派に出来たのに身が付いたのはほんの僅かと言うことがありました。

これですね。
茎や葉が立派に成長していたので、水は遣らなかったように思います。
私はもう菜園はしないと思いますが、
matutakaさんはこれから自信を持って様々な豆栽培が楽しめますね。
Commented by matutaka31 at 2010-10-08 22:28
dojyou38 さん お陰さまで、やっと自分なりの結論を見出すことができたようです。
かといって、油断していると来年は思わぬ罠にかかるかもしれません。
植物は、感情の動物と違ってな~な~が通じないので、来年何が起きるか油断は禁物だと心して置きます。


<< 酷暑のお陰で今なお盛ん 玄界灘に浮かぶ「相島」一周ウォーク >>