酷暑のお陰で今なお盛ん

 今年の夏の異常気象は、いろんなところに、想像以上に暗い影を落とした。
 自然相手の我が家の菜園でも、例外ではなかった。
 その中で、一つだけ意外な現象が・・・。
 その主はニガウリ、別名レイシ、沖縄ではゴーヤ。
 いつもの年では、もうこの頃になると葉っぱが黄ばみ、ニガウリの実も小さくなるので片付けてしまう頃である。
 ところが今年は、まだ葉も青々として実は少々小さくなったとは云え、まだまだ収穫が続いている。
 流石に、熱帯アジア育ちの本領発揮というところか。
b0008825_20575523.jpg

b0008825_2111491.jpg お陰で2・3日置きに数個の新鮮ニガウリが収穫でき、我が家ではいまだに毎日欠かさず食卓に並んでいる。(写真は今日の収穫)
 白のニガウリは、今年初めて作ってみたが、脱緑して見るからに軟化栽培したみたいな印象で、夏を乗り切る強壮野菜のイメージが乏しい。
 味は、苦味が少なく柔らかな歯ざわりで、緑色ニガウリの方が我が家では好評。
 
 
 白は今年限りにして、来年は作るのを止めるつもり。
[PR]
by matutaka31 | 2010-10-05 21:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14154175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2010-10-06 08:36 x
この時期に実ってるとは
驚きです。
我が家では 大分前で終了
日陰をつくるのに栽培者が増えてるようです。
仲間の養蜂家も巣箱の周りを覆ってます。
Commented by matutaka31 at 2010-10-06 08:51
hibochan さん 植物は天候の変化に正直に反応するのが、良くわかります。
にがうりは、青物野菜が少なくなる夏場の、我が家の貴重な野菜です。
この自然の恵みを、当分授かるつもりです。
Commented by dojyou38 at 2010-10-06 22:40
7階の我が家のベランダのゴーヤも形は小さくなりましたが未だにボツボツ出来ています。
長引いた残暑の所為なのですね。

白いゴーヤ、イメージに会いませんね。
やはりゴーヤは力強い緑がいいでです。
Commented by sibuya at 2010-10-07 19:33 x
繁茂するゴーヤの葉が今年の猛暑に大きく貢献した‥とブログ仲間
から伝えられた。 やっと秋らしい気候になりましたね~
今日の北海道は 雲一つない秋晴れでパークゴルフを楽しみました。
北海道でもゴーヤは採れます。ゴーヤ大好きで妻に週一は
ゴーヤ炒めを作るようにお願いしています。あの苦味が大好きだ・・
Commented by matutaka31 at 2010-10-07 21:29
dojyou38 さん ベランダのゴーヤが今も健在とは、なんとなくうなずけます。
 この時期ベランダにごーやがぶら下がっているなんて、微笑ましい光景ですね。
 おっしゃるとおり、ゴーヤはなんといっても緑の濃い苦味のあるのが一番です。
Commented by matutaka31 at 2010-10-07 21:36
sibuya さん 我が家のゴーや料理は、スライスしてサッと湯通しして半生でオカかをまぶして食べることが多いです。
それにゴーヤとバナナのミックスジュース。
ほとんど毎日、・・・。当分楽しめそうです。
Commented by hiropi118 at 2010-10-08 21:02
マツタカさん こんばんは 白いゴーヤなんて知りませんでした。始めて見ました。育ちも良く見事ですね。
ゴーヤのジュース等飲んだことないですよ 半ゆでしてミキサーにかければ いいんですか。
といっても 我が家では誰も好きませんが。我が家でも10センチクラスのがぶらさがっていますので 試してみます。

Commented by matutaka31 at 2010-10-08 22:43
hiropi118 さん 白のゴーヤはお勧めできません。
ゴーヤはなんといっても、パワフルな感じがにじみ出ている緑色に限りますね。

我が家では、毎日ゴーヤジュースを飲んでいます。
ゴーヤのジュースの造り方(大き目のコップ2杯分)
 ゴーヤ(バナナ約2本分)のスライスしたもの(生のまま)
 バナナ1本
 水(中コップ)1杯
 甘いのが好きな人は、蜂蜜少々
 後は、ジューサーにかけて出来上がり。
甘苦い味は、癖になりますよ。
 


<< 農作業で認知症予防 黒豆(黒大豆)栽培 >>