諫早湾潮受け堤防

 白木峰コスモス園の帰り道、前から一度行って見たいと思っていた 「諫早湾潮受け堤防」 に行った。
 もう何年もの間、有明漁民と行政との間で、堤防の水門を開ける開けないの論争が続いている場所である。
 延長約7kmの堤防道路に立つと、さすがに大規模干拓事業である実感がわいてくる。
 しかし堤防を挟んで、有明湾と諫早湾を肉眼で眺めただけでは、海の色が違うのがわかる程度で、双方の対立の原点は何一つ見えてこない。
b0008825_21441256.jpg
向かって右側が諫早湾干拓地、左側が有明海  正面に見えるのが雲仙普賢岳

 堤防道路の中間点あたりに駐車場があり、陸橋を渡ると有明海が見える場所がある。
 そこに諫早湾の水を強制排水(?)している場所があるが、そこには驚くほど沢山の大きな魚が群れていた。
b0008825_21451257.jpg
 なぜそれほど沢山の魚が、排水場所に集まるのか。
 諫早湾内の水が、魚にとって好ましい条件があるからに違いない。
 この魚の群れが、何かを訴えているようでならない。
b0008825_21454515.jpg
排水が流れる先には驚く程の魚の群れが・・・

 コスモス園の近くに、農家の直売店があった。そこは大勢のお客で賑わっていた。
 大きな大根1本100円、温州みかん4kg一袋380円等々びっくりするような安値。
 まさに地産地消のメリット。
 我が菜園では端境期の大根・にんじん・みかんを買ったが、えらく儲かったような気分になった。ヽ(^o^)丿
b0008825_2147041.jpgb0008825_21471998.jpg
[PR]
by matutaka31 | 2010-10-12 12:09 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14194905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sibuya at 2010-10-13 10:04 x
諫早湾の海水を有明海に排水する‥そこに大きな魚が群れを
なしている。きっと諫早湾の水が暖かいからだろう・・・
群れている魚は何ですか?・・
北海道でも農家の直売所があって 野菜や果物を安く売って
いましたが 野菜などの収穫は終わって店じまいしています。
そろそろ庭木の雪囲い・漬物など 冬支度の季節到来です。
Commented by matutaka31 at 2010-10-14 09:57
sibuya さん 海面まで近づけないので、魚の種類はわかりませんでした。
 大きい鱸(スズキ)らしいのが見えましたが、他はボラではないかと想像しながら見てきました。

 庭木の雪囲いや野菜の漬物などの情報は、本格的な冬支度の実感が伝わってきます。
厳しい冬の到来は、もうすぐなんですね。 
Commented by dojyou38 at 2010-10-14 23:22
堤防道路を何回も通り駐車場に車を止め堤防に登りましたが、
排水口を観察していません。 魚が集まっているのですね。
近ければ釣りに行きたいのですが・・・

潮受堤防の開聞調査が政治問題になっています。
私は開聞調査をすれば良いと思っています。

開聞調査を始めて、塩害が出そうであれば、そこで一度中断すればよい。
調査中、台風などで被害が予想される時は水門を一時的に閉めれ場良いと思うのですが。
そんな単純には出来ない理由があるのでしょうか。

Commented by matutaka31 at 2010-10-15 11:33
dojyou38 さん 政治化した問題は、往々にして普通の感覚では理解できない面がありますね。
 意地と面子が張り合って・・・、現実を無視したような言動としか思えないようなケースもあります。
 諫早湾の潮受け堤防の開門に反対する干拓地側の言い分は、私にはどうしても理解できません。
Commented by hiropi118 at 2010-10-16 14:36
マツタカさん 
竹崎蟹の近くですね。この地には島原温泉があり 九州ホテルでしたか?9000エン位で1泊できる、すごいご馳走でTVで見て 行きたいと思っていましたよ。高原のコスモス 海の中のドライブ さぞ心地よい旅だったでしょうね。道の駅が楽しいし、
いいところを紹介していただきました
Commented by matutaka31 at 2010-10-16 20:37
hiropi118 さん 福岡から高速道路を走って、2~2時間半くらいで行ける素敵な場所ですよ。
 そうそう、竹崎蟹が美味しいところです。
 その日は、観て回る場所が多くて、蟹は看板だけ横目で見て帰りました。(#^.^#)
 高原のコスモス園といい、潮受け堤防道路といい、気持ちが晴れ晴れするような場所でした。


<< 65代目の被爆稲を収穫 白木峰高原のコスモス >>