菜園の稔り(さつま芋)

 わが菜園にも、いよいよ収穫の秋到来。
 少々手前味噌になるが、これから本格的になる秋野菜の収穫の模様を時々紹介してみよう。
 今日は、秋茄子に続いて、第二陣のさつま芋。
 作っている品種は、紅東、鳴門金時、紫芋、にんじん芋、安納(あんのう)芋の5品種。
 試験農場ではあるまいし・・・と言われそうだが、夫々の品種が持つ特徴を知るのも楽しいし、いろんな味を楽めるから。b0008825_13551833.jpg

 我ながら好奇心の表れだと思っている。
 たかがさつま芋、どれも同じようなものだろうと思われがちだが、米だって品種によって味が違うのと同じで、どうしてどうして驚くほどの違いがある。
      試し堀(紅東・鳴門金時・紫芋)⇒


  紅東:ホクホク感抜群だが、嚥下能力が落ちた人にはお茶が必要になる。
  鳴門金時:一寸ふとっちょで、ホクホク感も程ほどで味も良い。
  紫芋:文字通り紫色で柔らかく菓子用と言われるが、寒さに会うと甘味がぐんと増す。
  人参芋:黄色で柔らかく、ソフトな甘味で、歯や嚥下力が良くない人にお勧め。
  安納芋:黄金色した美味しくて高価な芋だが、収量が少ないのが難点(栽培技術の問題かも?)

 これから11月にかけ、芋ほりに何組かを招待する予定。
 栗より美味い13里半(9里+4里=13里プラス半)
 昔の人は面白い表現をしたものだ、生活にゆとりがあったのだろうな・・・。
  
 美味しい焼き芋が、家族団欒の端(つま)になってくれれば、家庭菜園冥利というもの。

[PR]
by matutaka31 | 2010-10-18 23:01 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14238647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2010-10-19 20:49
さつま芋には5種類もあるんですね。
どれも、特長があって美味しそうですね。
過って、実家の畑にさつま芋を作付けしていたことが、
ありますが、苗を一束、買ってきて植えるだけでした。
何という種類も分からずに植え、収穫していました。
さつま芋に5種類もあることをmatutaka31さんに、
教えていただきましたので、次回、植える機会がありましたら、
よく考えて作付けします。
Commented by matutaka31 at 2010-10-19 21:07
taminamikawa1 さん 他にもまだ品種があると思いますが、私が種芋を入手できたのは5品種です。
市販の苗は、ほとんど紅東、鳴門金時だと思います。
最近のさつま芋は、本当に美味しいですよ。
私は、おやつ代わりによく食べます。
Commented by hibochan at 2010-10-20 07:44 x
さつま芋 こんなに種類が多いとは 知りませんでした。
我が県さつま芋生産量たしかトップだったと思います
海岸地帯の乾燥芋美味しいのです 種類は紅東
栗より美味しい十三里半 初めて知りました
調べますと川越から将軍に献上した江戸までの距離という説もあるようです。勉強になりました
Commented by yyyanoy at 2010-10-20 08:58
きれいに洗われたスーパーのさつまいもなんかあじけないですねー。
機械でごろごろ洗うんでしょうかしら、ちっともおいしいという表情?はありません。
↑の写真をみるとおお!焼き芋、てんぷら、ふかして・・・食欲がわきますね、それが大事なんですよ、とく子どもたちには。

コスモスや夕焼けの写真などすてきです、どうぞお散歩にはカメラをお忘れなくアップを・・・といいながらわたしも持たないときにああこの場面というのにでくわします、携帯でとってもうまくないです。
Commented by matutaka31 at 2010-10-20 20:36
hibochan さん 海岸の砂質土壌で栽培したさつま芋は、美味しいと聞きます。
海岸線が長いご当地のさつま芋は、きっと美味しいことでしょう。
 乾燥芋は海岸の潮風に吹かれて、甘味が増すのでしょうか、こちらでは長崎県の五島列島の乾燥芋は美味しいと評判です。
Commented by matutaka31 at 2010-10-20 20:45
yyyanoy さん 食べ物味は,五感で決まりますね。
食べる前に、まず見た目で判断・・・
スーパー等に並ぶ野菜類は、あまりにも綺麗過ぎて、土臭さがないですね。
 本来のありのままの姿が大切だと思うのですが、・・・。

カメラを持っていない時に限って、あ~撮りたいな~と思うような場面に出くわすことが多いですね。
Commented by dojyou38 at 2010-10-22 13:53
いろんな種類作っているんですね。 
薩摩芋は作りやすい、肥料も少なくて済む、メンテも簡単と言いますが、モグラや様々な昆虫の幼虫に狙われます。
それをクリアーして豊作、おめでとうございます。

子供の頃 実家でもよく作っていました。
戦時中のことで、たくさん収穫できる種類(農林18号?)だったと思います。
我が家の畑は海岸近くの砂地だったですが、薩摩芋だけは良く取れました。

薩摩芋で思い出すのは小1の時、小学校の運動場が芋畑になったことです。
Commented by matutaka31 at 2010-10-23 23:10
dojyou38 さん 海岸に近い畑で採れたさつま芋は美味しいと、よくいわれますね。
砂質土壌が適していることに加え、潮風が良いのかも知れません。
私が10歳の頃(昭和20年)、鉛筆代わり鍬を担いで野原に行き
、開墾をしてさつま芋つくりをしたことを覚えています。
何しろ、当時は主食でしたから、・・・。
今となっては、懐かしい思い出です。
その頃の影響でしょうか、いまだにさつま芋にこだわっている・・・。


<< 森林セラピー 夕焼け >>