森林セラピー

 福岡都市圏から30分も車を走らせると、博多湾沿いを除いて、東・西・南の低山に絶好の森林浴ができる場所がある。
 最近、 「森林セラピー」という言葉をよく耳にする。
 全国各地に「森林セラピー認定基地」が広がっているという。
 福岡市近郊の篠栗町はその基地作りを進めていると聞いたので、その雰囲気を味わうため、同町内の若杉山~米の山を訪ねた。
 今回はその一部に触れただけで、そのよさを体感するところまでいかなかったので、篠栗町発行の「森林セラピー基地」の説明文の一部を引用させてもらおう。
 
 「森林セラピーって?
  やわらかな木もれ日、木々を渡る風、杉や檜のすがすがしい香り。
 森でおおきく深呼吸をすれば、気持ちがゆったりと落ちついてきませんか?
 森林がもつ力は、これまで「森林浴」として知られてきましたが、それはあくまで感覚的なものでした。
 これを科学的に解明し、森の力で「こころとからだ」を健康にするのが「森林セラピー」です。
 (一部略) 森林では唾液中のコルチゾールというストレスホルモンの濃度が低くなる、またストレスを受けたときに高まる交感神経が抑制され、脳もリラックス状態になるなど、さまざまな癒し効果が・・・

 後日、改めてゆっくり時間をとり、森林セラピーを体感してみよう。
b0008825_2129322.jpg
森を抜け、米の山山頂展望台(標高594m)に立つと、市街地の展望が開ける

[PR]
by matutaka31 | 2010-10-21 21:59 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14258250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2010-10-22 08:17 x
米の山594mと手ごろの山のようです。
我が家付近には 筑波山877mがありますが結構きつい
最近名物ブナが枯れて対策に苦慮してるようです。
Commented by dojyou38 at 2010-10-22 14:06
篠栗蝶の森といえば、ご存知かも知れませんが米ノ山の手前に「大和の森」があります。
その森の1周 2kくらいの狭い範囲に、樹齢200年前後の名前が付いている杉の巨木が五本あります。
観察路も綺麗に整備されているので、未だでしたら一度訪ねてみてください。
Commented by matutaka31 at 2010-10-22 21:10
hibochan さん ずいぶん昔のことですが、筑波山に車でいったことが2度あります。
外見より厳しい山だという印象があります。
そろそろ紅葉が始まるころでしょうか。
Commented by matutaka31 at 2010-10-22 21:17
dojyou38 さん 若杉山周辺には、沢山森林浴コースがあるようですね。
「大和の森」は、確かsnf歩こう会で行った記憶がありますが、機会があったらもう一度行ってみたいところです。
 その他にも、歩いてみたいコースがありますが、体が足りないです、・・・(^。^)
Commented by sibuya at 2010-10-23 10:00 x
来年度閉校になる専修大学北海道短期大学で「アロマテラピー」の
授業があって主婦や看護師などが受講していた。
花や木の香りは季節ごとに私たちの心を潤してくれる。
ストレス社会の今日 植物のエッセンスの精油を利用して 心や
身体の不調を癒してくれる・・・
学生の減少で閉校する専大・・残念だが 仕方が無い・・
Commented by taminamikawa1 at 2010-10-23 21:28
森林セラピーと言う言葉は知っていますが、
詳細は理解していませんでした。
解答は
森の力で「こころとからだ」を健康にするのが「森林セラピー」なんですね。
山歩きは森林浴ができ、心と体に良いと聞いていました、
これで納得できました。

Commented by matutaka31 at 2010-10-24 09:48
sibuya さん 森林に入ると、ひんやりした空気で心が洗われるような気がします。
 そして、世間の騒音に代わって、木の葉がざわざわと騒ぐ、・・・。癒される瞬間です。

大学の閉校は、日本全体が少しずつ萎んでいく象徴のようで、寂しさを隠せませんね。
Commented by matutaka31 at 2010-10-24 09:53
taminamikawa1 さん 私は若い頃、山頂に立つことが山登りの喜びと思っていました。
 年を重ねるに付け、森の中をマイペースで歩く楽しさを実感するようになりました。
 森林セラピイーのお陰でしょうかね。


<< ごみの処理費用 菜園の稔り(さつま芋) >>