今日、菜園での会話

 まさかと思って聞いていたが、我が町内に猪の子供(ウリ坊)が出没しているという。
 最近あちこちで熊や猿や鹿の出没が話題になっているが、我が町内ではウリ坊。
 私は外出時にデジカメを手にしているので、そのウリ坊との出会いの瞬間を捉えようと思っているが、まだそのチャンスに恵まれない。
 今日、菜園仲間のおじさんに聞いた話
 その方の庭にも、昨日ひょっこりウリ坊が現れ、熟して落ちた柿やみかんをせっせと食べていたという。
 その家のおばあちゃんも、なかなかのお人だ。
 庭をうろうろしているウリ坊に向かって、
  「あんたどこら来たとね?」  

 「どうせ九大の裏山からきたんやろ」 (近くに九州大学が移転しているため、再開発が進んでいる)
 (きょとんとしておばあちゃんと向きあった子猪に)
  「はよう帰らんと日が暮れるばい」 
 それを聞いたウリ坊は、だまって生垣の中へ消えてしまったという。

 なんとものどかな、ユーモラスな話だこと。
 それにしても、山から大分離れている市街地に猪が徘徊するとは・・・、山に何が起きているのだろうか。
 単なる猛暑による木の実の減少によるものだろうか。 
[PR]
by matutaka31 | 2010-11-04 22:20 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14346648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2010-11-05 08:09 x
猪出現ですか
各地にクマ 猪出没のニュース 何かが森て゛起こってるのかも
今朝の新聞 つくば市の民家の車庫でアライグマ四頭捕獲のニュースこれは ペットを捨てたようですが
ご近所でもこのような出来事なんか変だ
Commented by taminamikawa1 at 2010-11-05 11:08
本州では熊の出没で話題にもなっていますし、被害もでているようです。
九州にはクマは生存していないと聞いておりますので、その点、安心ですが、福岡の市街地に猪の出現ですか・・・。
猪と言えば、猪突猛進の言葉もありますように、突進して来る習性がありますので要注意ですね。
那珂川町も背振山系を控えておりますので、猪出没があるやも・・・。
注意するにこしたことはないですね。
Commented by matutaka31 at 2010-11-05 21:57
hibochan さん ペットを捨てるのが多くなっていますが、日本の生態系を壊してしまう・・・困ったことですね。
更に、人間が危険な目に会うような、野放しの動物愛護のあり方に疑問を感じます。
Commented by matutaka31 at 2010-11-05 22:03
taminamikawa1 さん 私は一度、一人で山歩きをしていたとき、猪が目の前を走りぬけたことがありましたが、まさに猪突猛進ですね。
肝をつぶしましたよ。

背振山系には、猪や猿が多いようですね。
やがて猪に、人間の棲む場所を追われる日が来るるかも・・・。
Commented by dojyou38 at 2010-11-07 22:15
最近、鳥害や獣害の話題が多いですね。
鳥獣も自分では何も悪いことしていると思ってないでしょうね。
自分の生存権を主張しているに過ぎないのでしょう。

少なくとも人間が外来生物・ペットなどを棄てることはやめなければ成りません。
また、可愛いからと野戦動物などに餌を与えることもしてはならないことですね。

最近は猪・鹿などの頭数制限のために捕獲しようにも、
地域の猟友クラブのメンバーが高齢化し減少して、これもままならないそうです。
Commented by matutaka31 at 2010-11-08 14:13
dojyou38 さん 里山での野生動物の被害が年々増えていますが、郊外の街でも、これからますます人間とのニアミスが増えていくのではないでしょうか。
 産児制限のない動物界の繁殖力を考えると、5年~10年先が思いやられますね。
 今のうちに何らかの対策をしておかねば、・・・。



<< 講習会の合い間に 我が家の稔りの秋(温州みかん) >>