我が家の稔りの秋その6 (山芋)

 今春、初めて山芋を植えた。
 知人に種芋を分けてもらって、苗つくりからの初体験だ。
 山芋は、本来山で自然に育つもの(自然薯)だから、特別の栽培技術は要らないと思って、軽い気持ちで作ってみた。
 種芋を分割してポットで育てた苗を、高くした畝に移植して、蔓を誘引する支柱を添えただけのことである。
 貰った種芋の品種名は、確か「つくね芋」だったと思うのだが、・・・。
b0008825_2251199.jpgb0008825_225246.jpg
 掘り出した山芋の姿を見て、果たしてこれは「つくね芋」だろうかと疑問がわいた。
 野菜作りの本やネットで見る写真と比べてみると、我が家で採れた山芋は、つくね芋と少々形が違う。
 泥縄みたいなものだが、山芋は大きく分けて自然薯、長芋、大薯の3種で、長芋の品種に長芋・つくね芋・銀杏芋があるという。この中の何れかであろう。
 調べていくうちに、芋の形は栽培条件によって変わるという説もあるようだから、標準的な「つくね芋」に比べると丸みが足りないが、多分「つくね芋」だろう。
 早速すりおろして食べてみた。
 粘り気が強く美味だ。
 味をしめたので、来年も作ることにしよう。(^。^)

 山芋について調べているうち、おまけに零余子(むかご)も山芋の仲間に入ることを改めて知った。
 零余子(むかご)は山芋の蔓に出来るものだから、いわゆる山芋の部類に入るとは思っていなかった。
 この零余子、珍味だという人もいるけれど、私は食べようと思わない。(^。^)
[PR]
by matutaka31 | 2010-11-09 22:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14377632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヒロピー at 2010-11-10 14:20 x
以前 園芸店で売られていた つくね芋を1つ買い。プラのボックスに植えて木の横に置き、つるをはわせて1年位で収穫したところが たったの5センチしかなく がっかりでヤメリストにいれました。ひげ根だけはボウボウとしてるのに。
深く耕されてやわらかな マツタカさんの菜園だから 上出来じゃないんでしょうか。ねばりはすごくて うどんにいれても くずれませんね。日当たりがよければ手もいらずしかも 栄養満点 美容にもGOOD.
Commented by dojyou38 at 2010-11-10 23:32
私も2年ほど作りました。
食べた後、芋の首の部分を畑の隅に植え、放っておきましたが蔓が伸びる伸びる。
あまり肥料など手入れはしなかったように思います。

私のはmatutaka さんのに比べ丸みが無くごつごつと歪だったが、
粘りが強く、ポン酢と鰹節を混ぜ合わせて食べました。
食べ余すほど出来て子供のところにも送りました。
Commented by hibochan at 2010-11-11 07:37 x
今度は 山芋挑戦意欲に驚きます。
つくね芋名前だけは 知ってましたが仲間たちと植え込んだのは自然薯 短径自然薯 長芋 大和芋先日掘り上げ食卓を飾ってます。
自然薯がが一番粘っこい感じがしました。
Commented by matutaka31 at 2010-11-11 09:32
ヒロピー さん ヤメリストにあがりましたか。残念!
場所に余裕があれば、やはり地植えのほうがいいんでしょうね。
でも蔓も延びるし、庭に作るのは無理かもしれませんね。
ヒロピー さん おっしゃるとおり、粘り気が強く、美味しさ満点です。
Commented by matutaka31 at 2010-11-11 09:38
dojyou38 さんもいろいろ経験されているんですね。
山芋の生命力は、滋養強壮といわれるだけあって、凄いですね。
輪切りした芋から芽が出て、立派に子孫を残す。見上げたものです。
植える場所に余裕があれば、家庭菜園にお勧めの作物ですね。
来年も楽しみが増えました。
Commented by matutaka31 at 2010-11-11 11:47
hibochan さん 自然薯 短径自然薯 長芋 大和芋と品種の多さに驚きました。
先日のブログで拝見しましたが、機械掘りならではですね。
寒い日に、熱々のとろろ蕎麦は美味しいでしょうね。

私は家庭菜園で、自分に出来そうなことがあれば、いろんなことをやってみたくなるんです。
子供の頃、何か新しいことを始めると、母親に「下手の横好き」とたしなめられました。(^。^)
でも、今までやったことがないことに触れると、そこには新しい発見があり、楽しみも増えます。
Commented by tetsu807-2 at 2010-11-12 11:00
尽きることがない挑戦、何でも試してみようという情熱、もう菜園博士
ですね!私もその菜園で遊ばせて貰ったことを懐かしく思い出して
います。今度は何にチャレンジされるのだろう?楽しみです。
Commented by matutaka31 at 2010-11-12 18:18
tetsu807-2さん ヘリコプターみたいなものでしょうか。
プロペラが回らなくなったら、落ちてしまう。(^。^)
これは私の健康のバロメータかもしれませんね。


<< 芋煮会 ダンボールコンポストに取り組む >>