新たなボランティア活動

 私も参加しているボランティア活動組織「ひょうたん池花クラブ」で、新たな取り組みの第1歩を踏み出した。と言っても、まだ試験的な取り組みに過ぎないのだが、・・・。
 地域の憩いの場として親しまれている「ひょうたん池」に、核家族化などで外に出る機会が少なくなった高齢の方々をお誘いして、栴檀の大木や花壇の花・池の鯉を見てもらいながら、お茶とお菓子でおしゃべりの楽しいひと時を過ごしてもらおう、と言う試みである。
 地域住民の実情に詳しい民生委員にご協力をいただき、独居高齢の方をお誘いしたところ、初回9名の方に来ていただいた。
b0008825_1033115.jpg
 一昨日2回目のお誘いをしたところ、前日から急冷え込んだせいか、6名の方においでいただいた。
 時折日がさす寒い日であったが、我々クラブ会員が用意した暖かいお茶と差し入れのお菓子や果物をほおばりながら、1時間余の楽しい触れ合いの一時を過ごしていただいた。
 これから寒くなるので、12月から来年2月までお休みにし、3月に再会を約してお開きにした。
 まだ2回だけの試みであるが確かな手ごたえを感じることができたので、更に工夫しながら、皆さんに喜んでもらえる「ふれあいの会」に発展させたいと願っている。

     ひょうたん池花クラブ
[PR]
by matutaka31 | 2010-11-28 10:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14487091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2010-11-28 23:12
ぬくもりのあるボランティア活動ご苦労様です。
しかし、このような善意の活動でも独居老人野仲には、なかなか出てくれない人もいます。
初回参加者が9名いたことは大成功だと思います。

子供の頃から、その地域に生活してきた方は地域の集まりに参加しますが、転勤などで住み着いた方は地域に馴染まない方も多い。
こう言う方たちも何かのきっかけがあれば溶け込んでくれると思います。

Commented by hibochan at 2010-11-29 07:17 x
ボランティア活動出来そうで実行できません
核家族が増え我が地区にも一人暮らしの方たちが多くなってます
周りの方との語らいが何より そのきっかけが大切
盛会をお祈りします。
Commented by matutaka31 at 2010-11-29 20:21
dojyou38 さん 私の住む町は振興住宅地ですから、地域になじまない方が多いようです。
そうゆう方々にどうすれば出てもらえるかが、カギだと思っています。
皆さんの意見に耳を傾け、歩きながら考えてみようと思っています。
Commented by matutaka31 at 2010-11-29 20:29
hibochan さん この種の取り組みは、町内会が先頭に立たなければ動かない難しさがあると思っています。
その町内会が動こうとしない難しい問題に、あえて取り組んでみようと思うこと自体無謀かも知れませんね。


<< 機能性食品を展望する 紅葉の古刹「大興善寺」を訪ねる >>