機能性食品を展望する

 このタイトルは、先日参加した朝日新聞 農学シンポジウム2010「“食”から日本を盛り上げる」の基調講演のタイトルである。
 講演は、日本人の食生活の実態と改善すべき課題、食品中の機能性因子、保健用食品や健康補助食品、健康志向食品市場の現状等々、日常の食生活に直接関わる問題についての解説で、興味深い内容であった。
b0008825_20514686.jpg
 日本人の死因ランキングは、1位癌(30、1%)2位心疾患(16、0%)3位脳血管障害(12,3%)で、その原因の大半は食品に起因するという。
 
 講演の中で気になった、自分自身の生活習慣に対する忠告でもある点を少し挙げてみよう。
● 日本人の食生活は、平均的にはバランスがとれているが、食生活の個人差は大きい。
 特に、エネルギーと脂質の過剰摂取が問題で、種々の 生活習慣病の原因になっている
●食と健康の基本は、食べ過ぎと偏食を避けること。
 特に男性はメタボリック・シンドローム、女性は骨粗しょう症にならないような食品の摂取。
● 最近健康志向食品(健康補助食品・サプリメント等が市場に氾濫し、乱用による健康障害の発生が 懸念されていること。
  健康食品は、医師の管理下で使用するものでないので、有効性以上に安全性を確保することが重要で、正しい食品情報と利用上の注意点を読み取る知識と判断力が重要。  特に、消費者の体験談しかPRしていない食品は要注意!

 たまたま今日の朝日新聞夕刊に関連する記事が掲載されていた。
 
 「必ず激ヤセ」「医者に行かずともガンが治る」といった誇大な表現を使った広告で健康食品を売っている業者に対し、消費者庁は1日、改善指導に従わない場合は、業者名を公表する方針を明らかにした。(中略)
 国民生活センターによると、2009年度は約1万3千件の健康食品をめぐる苦情・相談が寄せられた・・・・・」

[PR]
by matutaka31 | 2010-11-30 22:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14504649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2010-12-02 07:38 x
健康食品サプリメンブームですが
我が家では 自分の健康は 自分の手で をモットーに食生活改善運動実施中 血圧 中性脂肪に気をつけてます。
やはり自家製の野菜を中心にした食卓が最高
Commented by matutaka31 at 2010-12-02 13:47
hibochan さん 人間は生まれながらにして、自然治癒力を持っているのですから、商品化された健康食品に頼らなくて、自分自身で努力しなければなりませんね。
私も、もっぱら新鮮・安全な自家製野菜依存主義です。
健康食品100%NOではありませんが、・・・。
Commented by dojyou38 at 2010-12-02 17:08
matutaka31 さん

食生活について、お説の通りだと思います。
私もサプリメントなど買った事ありません。
自然由来のものしか食べないように努めています。
魚も出来るだけ養殖物を避けるようにしています。

連れ合いが骨密度が低いので、TVで宣伝しているサプリメントは?と医者に聞くと、
どの医者もどの医者も、そんなものあてにするなとのことでした。
Commented by matutaka31 at 2010-12-02 18:09
dojyou38 さん 健康食品という名の商品は、旨いコピーで人を惑わせますね。
使った人の感想などを写真入で書いてみたり、・・・
この種の商品は、医学的な検証がなされていないものがあり、不用意に食してしまうと、副作用があるようですから怖いです。
やはり自然食でバランスよく栄養をとるのが一番ですね。
Commented by sibuya at 2010-12-02 20:38 x
我が友人が「肺がん」の手術をして 抗がん剤で頭髪も抜けて
可哀そうな状態でした‥が ある人の勧めで一日1万円ほどの
高価な漢方薬?を飲み始めました。 今年で3年になるのですが
すっかり治って 今ではゲートボールや3泊ほどの旅行にも行って
元気そのものです‥聞くところによると総額400万円ほど支払ったそうです。
信用されないようですが その男性と毎日会っています。不思議だね~
Commented by matutaka31 at 2010-12-02 22:16
sibuya さん 漢方薬の効果は、今の西洋医学では説明できない側面があるようですね。
それにしても、肺がんを完治された方の話、凄い。
その方の、病気を治したいという強い意志とその薬?を利用するに当たっての知識が加わって、完治に導いたのでしょう。


<< さつま芋の収穫 新たなボランティア活動 >>