肋骨の損傷

 肋骨にひびが入り、久しぶりにその痛さを味わっている。
 折角孫達が東京から来てくれているのに、一緒に遊んでやることも出来ず、笑うと痛むので大声で一緒に笑いこけることも出来ない。情けない毎日だ!
 今日病院でレントゲン撮影をした結果、肋骨骨折でないことがはっきりしたので、後は時間をかけて自然治癒を待つのみである。
 急ぎ足で歩いても痛みを感じるので、ウォーキングも出来ない散々な日が続く。
 正月には婿も来るので、一緒に酒を飲み明かすのが楽しみだから、なんとしてもそこまでは回復させなくてはと、好きな晩酌も止めて回復を願う毎日である。

 ことの起こりは、24日、いつものボランティア活動の最中、先に作った堆肥舎を点検したところ、ランタナの枝やメランポジュウムの茎を無造作に放り込んであるのを発見した。
 堆肥つくりは、好気性醗酵だから切りかえしが必要になるのだが、木の枝やや腐りにくい太い茎が入っているとその作業に難儀する。
 メンバーの中には、堆肥作りの経験がない人も居るので止むを得ないのだが、・・・。
 そのため、中に入れば良かったものを、外側から腕を伸ばしてそれらを取り除いているとき、堆肥舎の角に右胸を不用意に圧迫してしまった、という次第。
 中に入って取り除けば何事も起こらなかったものを、・・・自業自得だ。
b0008825_17135486.jpg
問題の堆肥舎

[PR]
by matutaka31 | 2010-12-27 17:20 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14653751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yyyanoy at 2010-12-27 21:15
肋骨の損傷 とか、お見舞い申し上げます。
寒いので痛いのでは・・・。

私たち年齢になると脚、腕などの骨折がおおくてここ2か月わたしのまわりで5人もです。

冬におおいのは身体が寒さでかたくなっているんですかね。
どうぞお大事に。

Commented by taminamikawa1 at 2010-12-27 22:03
いつ何が起るか分からないですね。
堆肥舎作業中に肋骨を損傷されたとの由、お見舞い申し上げます。
痛みが取れるまでは無理なさらずにリハビリ(自然治癒)に専念なさってください。早いご快復をお祈りいたします。
Commented by hibochan at 2010-12-28 08:09 x
肋骨は 弱くてくしゃみしただけで損傷するといいます。
私も経験ありますがつらいものです。
ゆっくり治療され新年からの活動頑張ってください。
Commented by matutaka31 at 2010-12-28 10:46
yyyanoy さん
お見舞い有難うございます。
外見はなんともないのに、笑うことも出来ず、咳をしても痛い・・・情けない辛さを味わっています。(^。^)

寒くなると体の柔軟性が失われ、ちょっとしたことで思わぬ事故になってしまうことがあるようですね。
一番怖いのは、転倒だそうです。
せわしい毎日でしょうが、気をつけていい年をお迎えください。
Commented by matutaka31 at 2010-12-28 10:58
taminamikawa1 さん
お見舞い有難うございます。
肋骨の先の方は軟骨状態で、損傷しやすいそうです。
切開するほどでもなく、自然治癒を待つ他ないそうです。
ですから病院でも、貼り薬と痛み止めのトンプクだけで、そっけないものです。(^。^)

これから年のことを考えなさい!と言う神様のお告げかもしれません。
Commented by matutaka31 at 2010-12-28 11:03
hibochanさん
励ましの言葉、有難うございます。
私は若いころ、野球でバットを思いっきり振ったとたん、肋骨にひびが入った経験があり、今回2度目です。
これに懲りず、また体を鍛えて、これまでどおり楽しく過ごしたいものです。
Commented by よこはまT at 2010-12-28 16:31 x
お見舞い申し上げます。どうぞお大事になさってください。
肋骨は、デリケートで私の周りでも
「満員電車に乗っていただけ」で損傷したと聞いています。T_T

>中に入れば良かったものを、外側から腕を伸ばしてそれらを取り除いているとき
これは哲学ですね(^^)
中に入るのは、なにかしら勇気が要りますよね。

いいお正月を迎えられますようにお祈りしています。


Commented by dojyou38 at 2010-12-28 16:52
>中に入れば良かったものを、それは結果論ですね。
入らなくても何とかなると思えば、つい安易な方法を選ぶは人情です。

やってしまたのは仕様が無い。 気長に養生してください。 
ですが、久しぶりに会う婿殿との酒盛りに差し支えない程度には回復したいものですね。
回復祈っています。
Commented by matutaka31 at 2010-12-28 16:54
よこはまTさん
お見舞い、有難うございました。
ちょっと手を抜いたために、墓穴を掘ってしまいました。
やはり手抜き・無理をしてはいけませんね。反省です。m(__)m

何かと気ぜわしい年の瀬、体に気をつけてどうかいいお年をお迎えください。
Commented by matutaka31 at 2010-12-28 22:23
dojyou38 さん
お見舞い有難うございます。
幸い全ての活動は休眠に入りましたので、この際ゆっくり養生します。
多分、私が飲めなくても、婿は適当にやるでしょう。(^^♪
体に気をつけて、いい年をお迎えください。
Commented by tetsu807-2 at 2010-12-29 17:12
山を下っているときに滑って、肋骨を折って太極拳を余儀なく
休ませていただいたことを思い出しました。
滑って倒木にぶつかったのですが、その時は大したことはないと、
気楽に考えていました。ところが、やはり夜から痛み出しました。
言われるようにに、整形外科では貼り薬と痛み止めだけで
ほんとにそっけないものでした。
matutakaさんは鍛えた体ですから、自然治癒力も早いと
思います。早い全快を祈っています。
あと三つ寝るとお正月です。どうぞ良い年をお迎えください。
Commented by matutaka31 at 2010-12-29 21:44
tetsu807-2さん
冷酒と何とかは後からじわじわ効いてくる、との例えのとおり、肋骨の損傷もその類ですね。
咳もくしゃみも出来ない、もちろん笑うことなどもってのほか。
やはり五体満足でなければいけませんね。
でも、神様はそんなに優しくない、・・・。

しょうがないので、自分と家族を信じて、頑張るしかないようです。
いいお年をお迎えください。


<< 孫達が野菜の収穫を手伝う 波戸岬での忘年会 >>