私のブログタイトルと「青春」の詩

 4年位前、自分のブログタイトルを更新する時、何時までも前向きの意欲と行動力を失わない人生を送りたい、との願いをこめてあれこれ考えた末、たどり着いたのが今の「70代の青春」であった。
 その決め手は、サムエル・ウルマンの「青春」の詩である。

 その当時の気持ちをこれからも忘れないようにしたいと自分自身に言い聞かせるため、2011年のスタートに当たり、その全文を復唱することにする。
 
青春・・・サムエル・ウルマン
b0008825_1340345.jpg
  青春とは人生のある期間ではなく
  心の持ち方をいう
  バラの面差し,くれないの唇,しなやかな肢体ではなく
  たくましい意思,ゆたかな想像力,もえる情熱をさす
  青春とは人生の深い泉の清新さをいう

  青春とは臆病さを退ける勇気
  やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する
  ときには,20歳の青年よりも60歳の人に青春がある
  年を重ねただけで人は老いない
  理想を失うときはじめて老いる

  歳月は皮膚にしわを増すが,情熱を失えば心はしぼむ
  苦悩,恐怖,失望により気力は地にはい精神は芥になる

  60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
  憧憬にひかれる心,おさな児のような未知への探究心
  人生への興味の歓喜がある
  君にも我にも見えざる駅逓が心にある
  人から神から美,希望,よろこび,勇気,力の
  霊感を受ける限り君は若い

  霊感が絶え,精神が皮肉の雪におおわれ
  悲観の氷にとざされるとき
  20歳だろうと人は老いる
  頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
  80歳であろうと人は青春にして已む

[PR]
by matutaka31 | 2011-01-01 13:23 | 思いのまま | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14679771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2011-01-02 16:18
新年明けましておめでとうございます。
今年も引き続き宜しくお願いいたします。

S ウルマンの「青春」、あのD.マッカサーも愛唱したとか。
私も好きです。コピーをデスクの前に貼っています。

怠け者の私ですが、「青春」を読み直すと背筋が伸びる気分になります。

Commented by yyyanoy at 2011-01-02 16:39
ブログタイトル「70代の青春」には深い意味がおありだったんですね。
勉強不足で知りませんでした。

この「青春」も今話題の「くじけないで」も前向きの姿勢にはかわりなく、わたしもすこしでも行動力を失わない日々をおくりたいとおもいました。
もう年だからなんて・・・ついいってました・・・。
Commented by taminamikawa1 at 2011-01-02 21:40
新年明けましておめでとうございます。
新年に当たって、サムエル・ウルマンの青春を読ませていただき、
改めて、この詩の新鮮さと素晴らしさを認識しました。
青春とは、ややもすると20歳前後の若者をさす言葉と思いがちだが、決してそうではなく、心の持ち方を言う。
まさに至言なり。
座右の銘にしたい言葉です。
Commented by matutaka31 at 2011-01-02 22:05
dojyou38 さん
いつの間にか、自分に都合のいいように解釈して行動している、自分のご都合主義になっていることが多くなりました。
この年になっても、何か支えが欲しいものです。(^^♪
Commented by matutaka31 at 2011-01-02 22:12
yyyanoy さん
年のせいにしてどんどんだらけてしまうのではないかと、自分に活を入れているつもりですが、・・・。
それだけでなく、人様に迷惑をかけないように・・・があるのですが。
 でも、あれこれ考え過ぎると、何も出来なくなりますね。(^。^)
Commented by matutaka31 at 2011-01-02 22:17
taminamikawa1 さん
自分の年を考えると、「こんなもんだろう」「無理することもないな~」、とどんどん妥協が増えていきそうになるときがあります。
 そんな時、この「青春」を思い出すことにしています。
果たして、実際はどうですかね?(^。^)
Commented by hiropi118 at 2011-01-05 14:56
マツタカさん おめでとうございます。
関心。感動。感謝。の3Kの心でいれば 老はなし。パクリですみません・・・顔のしわもふえることと 比例して 脳のしわもふえればいいですが・・今年もよろしくお願いします。


<< 孫達が帰ってしまった 御節料理 >>