孫達が帰ってしまった

 先月24日元気な笑顔で来てくれた孫達が、今日2日、来たときと同じような笑顔で、東京へ帰って行った。
 よく世間で言う「来てよし、帰ってよし」の時期に代わって、今では「来てよし、帰って寂し」になってしまった。
 幼児の頃と違い、子供ながらに心が通じ合う会話が出来るようになり、家族の絆を強くしているのだろう。
b0008825_22323012.jpg
 
この10日間、一度も外食はしなかった。
 また、出前もとらなかった。
 全て家内の手作りで過ごした。
 子供も孫も、心から満足しているようだった。

 
 私は24日、自分の不注意から肋骨損傷の憂き目にあい、そのことが引き金で中耳炎を併発したため、孫達期待に反し、一緒に遊んでやることが出来ず、寂しい思いをさせてしまった。

 それでも私が遊んでやれない不満も一言も口に出さず、むしろ労ってくれる有様。
 おまけに楽しみにしていた婿殿との痛飲も出来ず、踏んだり蹴ったりの年末年始になってしまったが、気持ちよく過ごしてくれて、今日笑顔で帰って行った。

b0008825_22365717.jpgb0008825_22385822.jpg







 
福岡空港で               送迎ブリッジから見送る

 ホッとする反面、その気配りがとても嬉しかった。
 反動でしばらく寂しい思いをすると思うが、一日も早くいつもの生活に戻らなくっちゃ

[PR]
by matutaka31 | 2011-01-02 20:29 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14685563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2011-01-03 08:46 x
家族そろって婆手作りのお節料理さぞ美味しかったことでしょう。
今日から寂しくなりますがゆっくり療養してください。
本日も快晴箱根駅伝見てる最中
Commented by sibuya at 2011-01-03 10:26 x
豪華で美味しそうなおせち料理・・孫さんたち喜んだ事でしょう・・
我が家は夫婦2人だけで淋しい大晦日と元旦でした。
横浜の孫たちは5日に・・道北剣淵町の孫たちは9日に来宅します。
雪が降らないためスキー場がオープンして居ない‥家の中で
北海道の板ガルタ百人一首・カラオケ・トランプなどで遊ぼうと
予定しています… それまで首を長くして待っています。
Commented by matutaka31 at 2011-01-03 16:16
hibochan さん
今日から普通の生活に戻りました。
外はしとしと雨が降っていて、今夜から明日にかけて雪マークが出ています。
こんな時、テレビの番はあまり好きでないので、パソコンをやっていて良かったなーと思います。
Commented by matutaka31 at 2011-01-03 16:21
sibuyaさん
あと2日、待ち遠しいことでしょう。
雪が降って、お孫さん期待の、爺のスキー教室が開けると良いですね。
こちらはしとしと冷たい雨が降っています。
今夜から明日にかけ雪になりそうですが、こちらの雪はべとべとで後が大変。
Commented by taminamikawa1 at 2011-01-03 19:27
お孫さん達の里帰りほど、嬉しいものはないですし、
いつもは夫婦ふたりだけの生活から、大勢のにぎやかな非日常性の生活になりますね。
奥様も腕によりをかけて美味しい料理を作られたのではないでしょうか。
お孫さん達が帰られると、どっと疲れが出るし、寂しさがありますね。
Commented by matutaka31 at 2011-01-03 22:13
taminamikawa1 さん
夏休みとこの時期、毎度のことですが生活内容の落差が大きすぎますね。(^。^)
いつものことですが、とりわけ家内の反動は大きいようです。
でも仕方ないことです。
Commented by tobiume8 at 2011-01-04 10:16 x
子供の成長も夢モドキの過去となり、孫の成長もアット言う間にゴールに到達、ハット振り返れば自身は「白髪も僅かに」。でも次の喜びは、孫の結婚式、自身の金婚祝。これが凡人の人生でしょうか?それでも尚、
70代の青春を求めて、マラソンレースはマダマダ果てしなく!!
頑張れ! 加油!!
Commented by matutaka31 at 2011-01-04 10:48
tobiume8 さん
人生いろいろ、男もいろいろ・・・
いくつになっても、青春レースのゴールは見えず、山また山を登りつめよう・・・今年も頑張ります。謝謝!


<< ホームページの更新作業 私のブログタイトルと「青春」の詩 >>