ボランティア活動

 昨年11月から始まった「地域環境サポーター養成講座」が、先週終了した。
 7回の講座で、「ボランティア活動とは」、「ゴミ処理の実態」、「各種ボランティア団体の取り組み」等々について、日頃聞くことが出来ない実例等を学び、新たな知識を得ると同時に自分が取り組んでいる活動のあり方についても、いろいろ考えさせられることが多かった。
b0008825_181063.jpg
 講座を通じて私が確信したのは、ボランティアあるいは地域活動をする場合の要点は、「目的を共有することであり」、「目的を達成するための活動内容の充実とその実践であり」、しかもその内容が参加する人達の間で「共感」出来るものでなければならない・・・ということである。       
                        
                                           活動のポイントを説明する講師
 
 私は、今までいろんな団体(仲良しクラブも含めて)の設立・運営に携わってきたが、目的は参加者間で概ね共有できるものだが、具体的な目的を達成する手段・手法になるとなかなか意見がまとまらない。
 でもここがしっかりしていないと、その活動は長続きしないし、いつの間にか雲散霧消あるいは活動が沈滞してしまうことを経験してきた。
 目的を達成する具体策がしっかりしているかどうかは、独創的な内容であればそれに越したことはないが、参加する人たちの間で、“やってよかった” “楽しかった”と「共感」出来る内容であることが最も大切なことだと、私は思っている。
 その当初共感できた内容も、取り巻く情勢の変化や参加している人たちの意識の変化で、何時までも通用するとは限らない。
 状況の変化を素早く汲み取り、状況に合わせて常に内容を見直ししないと、いわゆるマンネリに陥り、間違いなく「共感」を失ってしまうことになる。
 この辺りが、ボランティア活動あるいは地域活動の難しさであろう。

 今回のサポーター養成講座の終了に当たり、「今後どのような活動をするか」だが、受講の動機である「生ゴミを堆肥化して土に還す」活動を、今取り組んでいる「ひょうたん池花クラブ」の活動の中で、そしてダンボールコンポストの実践を通じて、取り組んでみようと思っている。
[PR]
by matutaka31 | 2011-01-23 12:05 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14793595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2011-01-24 01:47
私の体験・失敗談から。
環境問題では自分が日常生活で実践するだけでなく、折角講座を受けたのだから、
周りの人への啓発活動をと言うことになりました。
第一回の受講生は元々少なく、その中で啓発グループに参加したのは僅か7名、
そのメンバーもそれぞれ遣りたいことは異なっていました。
それを何とかまとめ、メンバーの顔を立てさまざまなことをして、
何とか3年活動しましたが、体調不良、転居等でメンバーが減り、結局解散。

活動に必要なメンバー勧誘・補充の努力が足らなかったと反省しています。
啓発活動は一人でも出来そうですが、組織を持たない活動の困難さを実感させられました。
長々とすみません。
Commented by ippu at 2011-01-24 07:02 x
おはようございます。
≪「目的を共有することであり」、「目的を達成するための活動内容の充実とその実践であり」、しかもその内容が参加する人達の間で「共感」出来るものでなければならない・・・≫
お恥しいことですが、ボランティア活動をしたことがありません。
でも、上の説、納得できますね
Commented by hibochan at 2011-01-24 07:49 x
継続は 力なり
頑張ってください。
自身地域活動に携わってきましたがいつの間にか解散
と言ったことが多いように思います。
結構つくばは 活動例が多いようです。
Commented by matutaka31 at 2011-01-24 14:35
dojyou38さん
貴重な体験談、有難うございました。
この種の活動は、目的は一致しても、そのアプローチの具体策となると難しい問題が多そうです。
自ら信じる方策が見つかれば、それを信じ、率先垂範する中で共感してくれる仲間を募る・・・という図式かな~と思っています。
先はあまりないのですが、あせらず、力ます、やれることをやってみようと思っています。
今後ともご指導お願いいたします。
Commented by matutaka31 at 2011-01-24 14:42
ippu さん
集まる人の中には、いろんな経歴の人あり、年齢もかなり差が有り、当然のことながら独りよがりな考えの持ち主もいます。
指揮命令系統がはっきりした組織と違い、結論を導くのが難しいですね。
Commented by matutaka31 at 2011-01-24 14:48
hibochanさん
<継続は 力なり>
おっしゃるとおりだと思います。
大それたことは出来ませんが、何かをしなくて・・・という意識の方が先走っているかも知れま出んので、身の丈に合った活動を続けるつもりです。
Commented by taminamikawa1 at 2011-01-24 23:04
私も町内会で三角花壇会というボランティア活動を行っておりますが、
その活動の理念・共有・共感等が基本・基礎になりますが、それと同時にその会をまとめていくリーダーの存在も必要かつ大事かと思っております。
Commented by matutaka31 at 2011-01-25 21:06
taminamikawa1 さん
おっしゃるとおり、リーダーの存在が大きいと思います。
私の町内会の組織は、会長になり手がなく、無理やり押し付けられた会長が仕方なく前例に従って動いている有様で、正にリーダーの素質を問われています。


<< ゼロ(0)の盲点 春の息吹 >>