福岡市原爆被害者の会

 ある機関紙への被爆体験の投稿を依頼されていたので、昨日、久しぶりに「福岡市原爆被害者の会(通称:折鶴会)を訪ねた。
 依頼された機関紙の編集意図にそうのであれば、 「私の原爆体験」を使っていただいて結構です・・・とお応えした。
b0008825_10471081.jpg
 話が発展して、原爆被害者の会の悩みを色々聞いた。
①被爆者の高齢化が進み、学校等から証言依頼があってもそれに応える人が少なくなってきたこと
②被爆者の多くの証言を集めた証言集は出来ているが、活字離れが進んで、その証言集を読んでもらえない。
③若者の核問題なかんずく原爆被爆への関心は想像以上に高いと思われるが、この若者達へ被爆体験をどうゆう形で伝えていくか・・・等々。

b0008825_216960.jpg
 
そこで事務局が考えているのが、
ホームページによる情報発信だ。

 今までの新聞形式による情報活動の時期遅れ感を無くし、リアルタイムで情報を発信すると同時に、随時被爆体験等を発信する・・・という意図だ。


 遅きに失している感はぬぐえないが、今からでも遅くない・・・即実行すべきだと私も賛同、意見一致。
 藪蛇の感がしないでもないが、事務局ではホームページを作れないとおっしゃるので、そのお手伝いを引き受ける羽目になった。
 日本が世界で唯一の被爆国であることを風化させないために、また一人でも多くの方々に、核兵器の恐ろしさや被爆の悲惨さをわかって貰えることになれば・・・との思いで一肌脱ぐ気になったのだが・・・。
 ホームページ開設だけに止まらず、随時更新の仕事も付きまとうだろう。
 また忙しくなりそう・・・。

[PR]
by matutaka31 | 2011-02-04 10:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14858576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ippu at 2011-02-04 12:16 x
≪ 藪蛇の感がしないでもないが、事務局ではホームページを作れないとおっしゃるので、そのお手伝いを引き受ける羽目になった≫
matutaka31さんも忙しくなりますが、これにより多くの人に読んでもらえますね。
Commented by sibuya at 2011-02-04 13:22 x
原爆投下から66年・・・被爆者も高齢化して原爆の恐ろしさを伝える
人たちが少なくなって来ているのも現実ですね~
ぜひ 被爆者の苦しみや恐ろしさを次の世代に伝えるために力を
発揮して下さい‥二度と核戦争・被爆者が起こらないためにも・・
Commented by taminamikawa1 at 2011-02-04 15:52
matutaka31のように被爆の体験をされた方が年々少なくなっていきますので、HPを作成し、後世に 原爆・被爆の恐ろしさと悲惨さを伝えることは意義あることです。
私も終戦時、6歳でしたので、防空壕に入ったり、空爆の恐ろしさを少しは体験しており、戦争のおろかさを私なりに後世に伝えていきたいと思っております。
Commented by matutaka31 at 2011-02-04 17:53
ippuさん
点の展開から無限の面の展開へ。
ネットの威力を可能な限り利用しようと思います。
Commented by matutaka31 at 2011-02-04 17:56
sibuya さん
被爆者の平均年齢が73歳だとか、・・・
平均余命から数えても、このまま尻すぼみになってはいけないと
、気が焦ります。
Commented by matutaka31 at 2011-02-04 17:59
taminamikawa1さん
被爆体験や戦争体験を語りたくない人も多いのです。
66年も過ぎた今、元気なうちに、多くの人が語り継いで欲しいものです。
Commented by prince6381 at 2011-02-04 23:59 x
原爆の悲惨さを決して風化させてはなりません。このことは日本人の義務でもあり責任でもあります。
Commented by hibochan at 2011-02-05 07:49 x
先日BBCで被爆者を揶揄した発言 残念
悲惨な出来事を忘れさせないで欲しいものです。
Commented by matutaka31 at 2011-02-05 09:27
prince6381さん
日本の敗戦・原爆被害を知らない子が増えているという、・・・
このままでは本当に風化してしまうのでは、と情けなくなります。
Commented by matutaka31 at 2011-02-05 09:36
hibochanさん
平和ボケした日本では、そのうちBBCでおきたような場面が
出るかもしれません。
とにかく若い人たちに語り継ぐ必要性を痛感しています。
Commented by tetsu807-2 at 2011-02-05 15:17
matutaka31さんのHPや原爆の日のコメントを読んで
今、若者にあの悲惨さを伝える何かをしなければ、と思う
ばかりで喉元過ぎれば熱さを忘れています。
原爆被害者の会のお話、matutakaさんならではのお話。
お忙しいのに更に忙しくなられることと思いますが、頑張って
いただきたいと思います。
Commented by hiro at 2011-02-05 17:33 x
核エネルギーを悪魔の兵器に開放した人達の責任は元に戻せないが、核廃絶は人類の命題と思う。
悪夢を経験された方の経験を使わせてもらい、ネットで発信することに賛成です。頑張ってください。
Commented by matutaka31 at 2011-02-05 20:32
tetsu807-2さん
多くの被爆者が命を落としたのに、幸運にも生き長らえているこの身の
義務でもあると思うのです。
自分の経験が、いささかでもお役に立てばと思っています。
兎に角、風化させてはいけない一念です。
Commented by matutaka31 at 2011-02-05 20:39
hiro さん
ご声援有難うございます。
一人でも多くの方の目にとまるよう、そして今まで関心がなかった人の
心にとどめてもらうことが出来ればと願っています。
Commented by dojyou38 at 2011-02-06 21:17
被爆体験者の年齢でPCを扱える人は少ないと思います。
その中で、matutakaさんはうってつけの人材かと思います。
忙しくなると思いますが、頑張ってください。
Commented by matutaka31 at 2011-02-07 13:35
dojyou38さん
励ましていただき、有難うございます。
風化させてはならない切羽詰った気持ちに、正直に取り組むだけだと
思っています。
ITの力を、精一杯活用してみます。


<< ヒヨドリ攻防 子授かり道祖神 >>